CSR
(写真=Thinkstock/Getty Images)

CSRは株式投資の世界で、もはや欠くことのできないキーワードである。筆者はロンドンに拠点を置きサステナビリティ/CSRに関するコンサルティング、リサーチ、研修などに取り組んでいるが、欧州は世界でもCSRに積極的に取り組んでいる企業が多い地域である。欧州における「CSR優良企業」の後編ではイケア、キングフィッシャーの2社を紹介しよう。


気候変動や資源・エネルギーの枯渇リスクを見据える「イケア」

イケアは、スウェーデン発祥でオランダに本社を置く世界最大の家具販売店。イケアは、2011 年 1 月、国際 NGO「クライメイト・グループ」の CEO・創立者であった、スティーブ・ハワード氏を CSO(最高サステナビリティ責任者)に招聘。ハワード氏は、「サステナビリティは『やった方が良い』の段階から『やらなければならない』段階に入っている。今まさにここで取り組まねばならず、今後も人類が存続する限り継続しなければならない」と企業がサステナビリティに取り組むことの重要性を訴え、社内外でリーダーシップを発揮している。

ハワード氏は、2012 年 10 月に 2020 年をターゲットとした同社のサステナビリティ戦略である「ピープル&プラネット・ポジティブ」を立ち上げ大きな課題解決に貢献する取り組みを開始し、トップダウンで推進している。また、イケアは「フォレスト・ポジティブ 2020」というプロジェクトにより「2020 年 8 月までに木材や紙、ダンボールを地球環境に配慮した持続可能な調達方法により 100 %達成する」としており、2014 年は 41.4%まで達成している。

また、2020 年 8 月までに、イケアの店舗、事務所で使用するエネルギー全てを再生可能エネルギーで賄うことを掲げた。この達成に向けて、2014年まで既に全世界の店舗に 70 万枚のソーラーパネルを設置、風力発電設備を224基設置し稼働させている。イケアは、このように将来的な気候変動の影響や資源・エネルギーの枯渇などのリスクを見据えてサステナビリティを事業の中核に据えている。


2050年までの長期戦略に取り組む「キングフィッシャー」

キングフィッシャーは英国、フランス、アイルランドをベースに、ホームセンターを所有する欧州最大の企業。2050年までの長期のビジネス戦略として「ネット・ポジティブ」を発表、新しいアプローチとして推進している。事業活動が環境・社会に与える負の影響を最小限にするだけでなく、それ以上を行う必要があり、地球にとってプラスの影響を与えるように設計し実現するというものだ。

今日のシステムは崩壊していて、世界の資源の使用は供給を上回っている、それを新しいビジネスのアプローチであるネット・ポジティブでリーダーシップを発揮し、地球環境にプラスの影響を与えることを目指している。同社グループ前CEOイアン · チェシャー卿は、サステナビリティのリーダーシップを社内外で発揮、欧州のサーキュラー・エコノミー(循環経済)についてもエレン・マッカーサー財団設立者のデイム・エレン・マッカーサーと伴にリードしてきた。

キングフィッシャーの「ネット・ポジティブ」は、土台として「従業員」「サプライヤー」「環境」を据え、その上に①木材、②エネルギー、③イノベーション、④コミュニティの 4 つの大きな優先分野を設定し、2050 年までに段階的に「ネット・ポジティブ」な企業になるという長期的な目標を掲げている。同社は、サステナビリティのロードマップを提示し、その目標に向けての企業活動をステークホルダーにうまく伝えることができているよい事例である。


CSR戦略を牽引する強烈なリーダーシップ

以上、前後編の2回にわたり、欧州における「CSR優良企業」5社を紹介したが、これらの企業に共通するのは、世界において、企業のトップマネジメントがCSR/サステナビリティの重要性を認識し、トップダウンで企業全体で推進している先進企業であることはもちろん、社内外を牽引する強烈なリーダーシップを発揮しているサステナビリティのリーダーがいるということである。今回紹介した企業のようにビジネス自体を変え、サステナビリティのビジネス・モデルへと移行することが今後の企業に望まれているのである。

【著者略歴】下田屋 毅(しもたや たけし) Sustainavision Ltd. 代表取締役。英国在住CSRコンサルタント。日本と欧州のサステナビリティ/CSRの懸け橋となるべくSustainavision Ltd.を2010年英国に設立。ロンドンに拠点を置き、サステナビリティ/CSRに関するコンサルティング、リサーチ、研修を行う。ビジネス・ブレークスルー大学講師(担当:CSR)

【関連記事】
・英国在住CSRコンサルが厳選する「欧州CSR優良企業」(前編)
・投資家必見!IPO当選確率を上げる5つの方法
・スター・ウォーズ「フォースの覚醒」公開で株価が上がる?
・社会人注目!社会人注目!日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!その意外な方法とは
・国民年金保険料を滞納し続けるとどうなるのか?