全国消費者物価指数
(写真=Thinkstock/Getty Images)

総務省は25日、11月の全国消費者物価指数(CPI、2010年=100)を発表した。全国消費者物価指数は生鮮食品を除く総合が103.4と、前年同月比0.1%上昇した。5カ月ぶりの上昇となった。

ガソリン価格などエネルギー価格の下落幅が前月に比べて縮小した。テレビなどの教養娯楽用耐久財、宿泊料、外国パック旅行も総合指数の上昇に寄与した。

食料・エネルギーを除くCPIは101.7と前年同月比で0.9%上昇した。生鮮食品を含む総合は103.5と、同比0.3%上昇した。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
「信用経済」という新たな尺度 あなたの信用力はどれくらい?(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
会社で「食事」を手間なく、おいしく出す方法(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)