日経平均
(写真=Thinkstock/Getty Images)

1月7日の東京株式市場で、日経平均株価は前日比423円98銭安の1万7767円34銭と大幅に4日続落した。節目の1万8000円を下回り、2015年10月2日以来約3カ月ぶりの安値となった。

前日の欧米株安の流れを受け、午前の寄り付きから売りが先行した。中国人民元の基準値が引き下げられたことや中国株式相場の大幅下落などもあり、投資家心理が悪化。下げ幅を拡大させた。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)