(写真=Thinkstock/Getty Images)
(写真=Thinkstock/Getty Images)

1月12日の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比479円00銭安の1万7218円96銭と6日続落した。年初からの6日続落は日経平均の算出が始まった1950年9月以降で初めて。

この日は午前の寄り付きから売りが先行し、下げ幅は一時500円を超える場面もあった。原油価格WTIの12年ぶりの水準に急落するなど、投資家が運用リスクを回避する状況になった。ドル安・円高傾向も売り材料になったほか、8日発表された米雇用統計で雇用者数・失業率は良かったものの、時間当たりの賃金(平均時給)から減少したことなども重荷となった。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
「信用経済」という新たな尺度 あなたの信用力はどれくらい?(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
会社で「食事」を手間なく、おいしく出す方法(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)