(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

おはようございます。春の天気はめまぐるしく変わるということで寒くなったり、 暖かくなったりと体調には気を付けたいものです。それでも「三寒四温」 で春も近いということでしょう。 株式市場も米国株式市場などは一足早く春が来たようですが、日本市場はまだまだ波乱含みと言う感じです。 先物に振り回されている感も強く、目先筋の動きに連れて右往左往しているだけということでしょう。

めまぐるしい動きや波乱相場ではあるのですが、 ここはじっくりとした投資を行うチャンスではないかと思います。 この世の終わりが来るかのような話も出ていますが、慌てることなく、長期投資で高配当・ 好優待利回り銘柄を買っておくということで良いのだと思います。 金融不安も取りざたされていますがリーマンショック時とは違い、 お金がしっかり回っているので心配はないと思います。

米国株は連日の大幅高となりましたが、 為替が円高気味と言うことで本日の日本市場は堅調ながらも上値の重い展開となりそうです。 昨日の下落の反動もあって売られすぎ銘柄の修正高などが期待されますが、 上値も限られそうです。為替が円安に振れるような展開になれば、 あるいは仕掛け的な先物の買いなどが見られるようであれば買戻しも交えて買い急ぐ動きが出て来るの でしょうが、逆に円高が進むようであれば買戻し一巡となると上値の重さを嫌気 することになるのでしょう。

1万6000円水準を割り込んでしまいましたが、再度1万6000円水準を回復しそうです。ここでしっかりと1万6000円台回復となると、1万6000円水準での値固めとなって来そうです。1万6000円を割り込むところでは売り難いという雰囲気が出て来るかどうかというところです。上値は1万6500円水準までの戻りが期待されます。

本日の投資戦略

米国市場は堅調となっているのですが、 利上げへの不安が薄れたことで、上昇の要因の一つである「ドル高への懸念」が薄れたことですが、 ドル高=円安と言う方向にないということで日本株式市場では素直に好感できるか どうかというところです。ただ、 欧州での金融不安が薄れているということもあり、日本市場も売られすぎの修正が続き堅調な展開となりそうです。

依然として新聞などでは「マイナス金利導入」をそれこそ「 経済への影響がマイナス」と言うようなとらえ方をしているような感じです。 銀行の貸し出しが増えるかどうかということはすぐにはわからないのですが、 大手企業では借り入れをしやすいと想像されるので、 低利で借りいれをしての大型買収などもあるかもしれません。


清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)