アプリ,モテる
(写真=PIXTA)

「職場の女性へのホワイトデーのお返しに悩んだ」という人は多いのではないだろうか? デパートで有名な行列スイーツを自信満々に渡しても、すでに女性の間では「いまさら」感がある、または他の人と被る可能性も高い。そこで、役立つのが女性向け情報サイトだ。

実は男性にも役立つ情報が満載

女性向けのまとめサイトやキュレーションメディアが急激に増えている。以前は、雑誌やテレビ、ネットニュースなどプロの書き手から発信される情報が主流だったが、これら女性向けメディアの書き手や登場人物は、書き手としてはアマチュア。しかし感度の高い街の女性たちのリアルな情報が効果的に発信され、共感を生む時代となった。

トレンドや最新情報が豊富だから実は男性にも使える内容も多いので、チェックしておけば、職場や営業先でのコミュニケーションはもちろん、プライベートシーンでも女性の心を瞬時につかむことができるネタの宝庫でもあるのだ。まとめサイトやキュレーションアプリをいくつか紹介しよう。

スタイリッシュでトレンド性高い 「by S(バイ・エス)」

各記事とも数ページにわたってしっかり構成されており、憧れのモデルや芸能人、スポーツ選手の秘話やライフスタイルも紹介されている。男性でも気になる記事が多い。インフルエンサーのインスタグラムやTwitterなどからも話題をピックアップしていて情報感度が高いので、SNSに慣れ親しんだ若い世代の読者が多い。サイバーエージェントが運営していて、アメブロを活用したまとめ記事なども得意としている。
http://by-s.me/

おしゃれ系情報が充実の 「MERY(メリー)」

メークやネイル、ファッションなどのちょっとしたテクニックなど、おしゃれ関連のお役立ち情報が充実しているサイトであり、情報量もかなり多い。サイト内で話題になっているキーワードもピックアップされているので美容やファッションジャンルの最新トレンドがわかりやすい。ユニクロアイテムのコーディネート提案やプチプラコスメの上手な使い方など、ファッション誌などの夢のような記事と違って、等身大の女性視点で役立つ情報が多いのが魅力的だ。
http://mery.jp/

4つのコンテンツで読みやすい「4meee!(フォーミー)」

よりリアルな声が記事になっているのがこの「4meee!」である。「4コマで女子は可愛くなれる。」をコンセプトに、ひとつの記事を4つのコンテンツで紹介しているので、テンポよく読め、短時間で情報をチェックできるのが魅力だ。キュレーターには女子大生が多く、ターゲットは女子大生から20代社会人までなので、若い年齢層の女性との話題探しに最適だろう。
https://4meee.com/

オトナな女性向けの上質記事「TRILL(トリル)」

ファッション系の記事はきれい目路線が中心で、ハイブランドの情報など、年齢が高めの女性にも役立つ記事が満載のオトナ女性向けメディアである。ほかのサイトに比べて落ち着いたトーンで、写真もオシャレで見た目もセンスよくまとめられている。「バズ」という口コミ情報や、おもしろアプリが紹介されている「アプリ」など、他のサイトにはないカテゴリーも。記事の切り口もおもしろく、ひと味違った情報をインプットできる。
http://trilltrill.jp/

誰もが読んでいる経済やビジネスのニュースサイトや記事を読んでいるだけでは、他人とは差をつけることはできない。ネタを豊富にしたい、コミュニケーション力を上げたいというなら、こういう個性的なサイトやアプリこそ必見・必読だろう。特に女性は男性の会話のセンスに敏感だ。通勤の電車の中で目を通すだけで、職場や営業先でいつもと違うアプローチができるかもしれない。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)