アルゴナビス
(写真=PIXTA)

おはようございます。立花証券元会長の石井久氏の訃報が出ていました。清水一行の小説「大物」の中でしか存じ上げませんでしたが、(ご尊顔は拝見したことはありますが)自分が駆け出し証券マンであったころに「大物になりたい」と憧れたものでした。小説の中での話でしたが、やはり相場を観る上では大きな目でしっかりと流れを見ていかなければだめだということも教えられたものです。ご冥福をお祈りいたします。

ところで、米FOMC(公開市場委員会)では想定されていたことですが、利上げ見送りとなりました。「市場との対話」を重視したということですが、これで日銀も追加緩和があれば市場では素直に好感することになるのでしょう。ただ、ある程度は織り込まれているということもあり、追加緩和なかった時が結構下押し圧力も出てきそうです。大型連休を控えているということでもあり、売り方も買い方も持ち高を減らしたいところなので、上方向には限界があり、下方向に大きくなるということが懸念されます。

米国利上げが見送りとなったのですが、為替が落ち着いており、夜間取引やシカゴ市場(CME)の日経平均先物も堅調となっていたことから本日の日本市場は買い先行となりそうです。昼頃に発表されるであろう日銀の金融政策決定会合の結果待ちということで積極的に買い上がることはなさそうですし、発表までは堅調ながらも方向感に乏しい展開となりそうです。ただ、昨日の引け後に発表された日本企業の決算は芳しくないものも多く個別には売られるものも多くなりそうです。追加緩和があるかどうかというところですが、大型連休を控えていることでもあり、どちらにしても上値は限られそうです。

注目される追加緩和があるかどうかで大きく変わりそうです。ただ、ある程度先週の急騰で追加緩和が織り込まれているという面もあり、ちょとした追加緩和であれば一気に18,000円ということはなさそうです。17,500円を超えてくると上値も重くなってくるのではないかと思います。なければないで失望感から売られることになるのでしょうが下値も17,000円水準では底堅くなりそうです。

本日の投資戦略

米国での利上げがなかったということで一安心という感じです。ただ、逆に大型連休前の手仕舞い売り場を与えるということにもなりそうです。日銀の金融政策決定会合を待っての動きとなるのでしょうが、その前には先物の持ち高調整の売り買いで右往左往することになりそうです。

動き出すと一斉に動くのでやりにくい状況です。こういうときはしっかりと逆指値でもしておくほうがいいと思います。決算発表が始まりましたが、想定されたこととはいえ芳しくない決算が多くなっています。想定以上に悪いような感じでもあり、どこまで株価に響くかということになりそうです。電機株や機械株はどこまで売られるかをしっかりと見極めてからの動きでいいと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)