アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

未だにスーパークールビズで仕事をしていますが、そろそろ行き帰り、寒くなってきました。株式市場は盛り上がりには欠けるのですが、堅調な展開が続いています。昨日は大きく下落したということでもないのに日銀の買いも見られ、日銀のETF買いも決して相場の下支えということではないということを示しているようです。

来週は日銀の金融政策決定会合があるのですが、一昨年のようなサプライズを期待する向きも出てきそうです。官製相場だ何だと批判もありますが、どんな相場でも市場で起きていることはそのまま正解ということなのですから、それはそれでしっかりと対処して行くということになりそうです。目先の値動きよりもしっかりと大きな流れが変わったのかどうか、しっかりとした見極めが必要です。

本日の日本市場は米国株高や円安を受けて堅調な展開が期待されます。ただ、目先的な過熱感もあり、上値は限られそうです。為替への反応も企業決算動向が気になると芳しいものでもないのでしょうし、決算発表前には積極的に買い上がるということでもないのでしょうから、上値も重くなりそうです。

度は17,500円水準を試す動きも期待されます。ただ、決算発表や日銀の金融政策決定会合を控えて動き難いということでもあり、ここから上の水準では利益確定売りも嵩んで来そうです。決算発表が行われるなかで好調な決算が見えてくれば17,500円を超える場面もありそうです。ただ、当面は17,000円台前半の水準で値固めということになりそうです。

本日の投資戦略

堅調な相場となっていますが、何となく盛り上がりに欠ける展開となっています。昨日は大きく下落したということでもなかったのですが、日銀のETF(上場投資信託)買いが見られ、指数を押し上げた面もありそうですが、始まった中間決算の発表も上方修正となるものも見られるなど思っていたほど悪くないということではないかと思います。

もちろん、これだけ円高に振れたわけですから足元の想定レートの引き下げなどで下方修正となるものも多いのでしょうが、円高がどんどん進むという懸念も薄れており、逆にかなり慎重な見方として1ドル=100円というような水準で為替の想定をしてくるところは今度は逆に通期ベースでの上方修正期待も出てきそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)