アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

11月も最後となり、今年も残すところあとひと月となりました。出勤時の空気もかなり冷え込んで、町の動きも「年末」を意識するような感じになっています。株式市場は異様に強い相場展開となっていますが、調整をしてくれないことには買えるものも買えないという感じです。空売りの水準が高く、少しでも下がればすかさず買われるということになっていますが、いったん下向きに回転を始めると一気に調整となるかもしれません。ただ、日銀の買い期待もあり、値持ちの良い展開で日柄調整となる可能性もありそうですが、いずれにしても上値は重くなると思います。

一昨日は広島からの訪問者があり、昨日も投資家の訪問があったのですが、二人とも「一人でトレードしていても・・・」という感じで訪問してくれたようです。アルゴナビスはもともと投資家が集まれる場所、という感じで考えていたので、こうした訪問者は大歓迎です。投資家が気軽に集まれる会員スペースとして投資本を充実させて図書館みたいにしようかとも思っており、どんどん投資家が集まりやすいように進化させていこうと考えています。

米国株は堅調となったのですが、さすがに上値も重くなり、為替も円安となった場面もあるのですが、ドルの上値は重く、そろそろ調整感が出てきそうです。月末ということでお化粧買いが期待されるものの逆に手仕舞い売りも嵩んできそうで、上値の重さが嫌気されると売り急ぐ動きもあるかもしれません。ただ、基調は強含みということで下値では買い戻しを急ぐ動きもありそうですし、日銀買い期待も根強く、値持ちは良いと思います。

18,000円水準まで試しに行くかと思いましたが上げ一服となっただけということです。ただ、夜間取引でも18,500円を試すところまでは上昇しておらず、18,000円台前半での動きが続きそうです。OPEC(石油輸出国機構)総会で減産合意や米国経済指標が好調ということになると18,500円水準を試すことになるのでしょう。

本日の投資戦略

TOPIXはようやく12連騰ということで止まりましたが、小幅の下落にとどまり、夜間取引では再度日経平均先物が買われています。為替が円安になったということで堅調な地合いが続いていますが、その円安の要因となった米国金利上昇は一服となっており、そろそろ調整となっても良いところと思います。

今朝の新聞でも報じられていましたが、「逆日歩」がついている銘柄が多いことも下げ渋る要因と思われますが、売り方の回転が効き始めると一気に調整となることもあり、先物主導での売りには注意が必要と思います。為替次第という感じでもあるのですが、米国の利上げはだいぶ織り込んでいるものと思われ、ここからのドル高には警戒感も出てくるのではないかと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)