アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

今日は幾分暖かい感じで、週末ということか、電車も幾分すいていた感じです。株式市場も高値更新となっていますが、そろそろいったん調整となってもおかしくないという感じです。異常な空売りの積み上がりがあり、日銀買いも期待されますが、売られるときは売られるのですから、いったん調整となると大きな下げとなる可能性もありそうです。

昨日は売買高も膨らんで「バイイングクライマックス(!?)」ではないかと思います。買い戻し一巡となると今度は手仕舞い売りに押されるということになりそうです。米国市場でもナスダック指数が連日の大幅下落となっており、チャートも崩れた感じです。日経平均も昨日の上ヒゲの長い十字足、で当面の高値となる可能性もありそうです。軟調な始まりとなると週末ということでもあり、日銀次第ということでもあるのですが手仕舞い売りに押されそうです。

米国株はまちまちとなり円安も一服となったことや週末の手仕舞い売りに押されて本日の日本市場は軟調となりそうです。日銀買い期待や空売りの買い戻しなどで下げ渋りとなるのでしょうが、さすがに目先的な過熱感も強く、上げ一服となって来そうです。日銀次第という感じでもありますが、日銀の買いが入らないとなるとヘッジ売りなども含めて大きな下落となる可能性もありそうです。

18,500円を超えたところではさすがに上値も重くなります。買い戻し一巡感となると一気に18,000円水準までの調整ということもありそうです。日銀買い期待から売り難さもあるのでしょうが、いったんは18,500円を超えたことでの達成感から調整となるのでしょう。

本日の投資戦略

昨日も出来高も多く「バイイングクライマックス」という感じでした。さすがに上値も重くなり長い上ヒゲ線となったことで本日軟調となるとチャート上は下値を試すことになりそうです。為替も円安一服という感じでもあり、週末の手仕舞い売りに押されるということになりそうです。

ただ、一方で日銀のETF(上場投資信託)買いが期待されることやまだまだカラ売りも積み上がっていることで値持ちもいいかもしれません。それでも、新聞やテレビで報じられる市場についてのコメントもかなり強気となってきており、今にでも19,000円を付けそうな勢いですから、逆にいったん調整となりそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)