アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

今朝の電車は途中まではいつもより混んでいる感じでしたが、地下鉄に乗り換えるとさすがにすいていました。昨日も年内の仕事が終わったということで帰りに顔を出してくれた会員などもあり、年末モードとなってきました。米国株が久しぶりに「下がった」という感じになり、為替も円高気味になっており、掉尾の一振や日銀買いは期待されるものの、さすがに日本市場も「下がった」という雰囲気になるかもしれません。

米大統領選挙から、というよりはその前からですが、異様に堅調な相場展開が続いています。年初からの暴落懸念はあるのですが、大きな流れとしては株は買いなのだろうと思います。今年も残すことあと2日となりましたが、そろそろ上値の重さも嫌気するところであり、一気に抜けてくるか、手仕舞い売りに押されるかということなのでしょう。ただ、最近では季節感も何もあったものではなく、目先の値動きに振らされることが多いので、掉尾の一振というよりは日銀買いに合わせて買われるか、日銀買いに対して売り向かうかという目先の需給要因だけでの動きとなりそうです。

米国株安や円高を受けて売り先行となりそうです。夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物も下落していることから下値を試す動きになるのでしょう。ただ、日銀や年金の買いが期待され、掉尾の一振が期待されるところで下げ渋りとなると買い戻しを急ぐ動きもあって底堅さが見られそうです。日銀の買いなどにかかわらず売られる、円高が進むということになると目先的な過熱感が強いだけに大きな下げとなるかもしれません。

主力銘柄などに手仕舞い売りも嵩んでくると思います。19,500円を超えなかったということで手仕舞い売りを急ぐ動きになり、19,300円水準を割り込むと一気に19,000円水準まで下落となるのでしょう。19,300円水準で下げ渋りとなるかどうかということになるのでしょうが、年初からの暴落懸念などが強まれば一気に調整となりそうです。

本日の投資戦略

年末の手仕舞い売りも出てくるかと思いましたが異様に強い相場となっています。さすがに米国株が安く円高となったことで本日の日本市場は売り先行となりそうですが、日銀買いなどが入ると下げ渋り、買い戻しを急ぐ動きも出てくるのだと思います。特に日銀が買っているからどうだということはないはずなのですが、日銀が買うとなると売り難さが見られ、指数が堅調となると買い戻しが入るということなのでしょう。

今年も年末ということであと2日になりました。掉尾の一振ということがあるかないかという感じですが、以前のように、大納会や大発会が「半ドン」ということもなく、今年は休みも重なって短いので「年末」というよりは単純な月替わりの連休というような印象です。「グローバル化」も良いのですが、季節感がなくなるのは何となく寂しいので「半ドン」というシステムや「28日まで」というシステムを復活させて欲しいものです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
ZUU online8月記事ランキング 丸井は百貨店ではない、300万円超えのスーパーマリオ……
デキるビジネスパーソンは脂を身体に乗せず、仕事に乗せる。(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)