アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

本日は東京でも雪が降るのではないかと言われていますが、東京などで雪が降ると慣れていないのですぐに大変なことになってします。米国の新大統領もこれまでの大統領とはちょっと違った印象でここから米国もどうなってしまうのか、という懸念も出て、株式市場も今一つ冴えない展開になって来ました。

これまでは新大統領の政策への期待などもあったと言われていますが、実際に何がどうなったということでもなく、ここから実際にどうなるのか、ということを市場では織り込んで行くことになりそうです。ドル高を素直に好感する動きになるのかどうかということなども注目されるところですが、日本株式市場は為替への連動性も薄れており、もう少し調整が続くのではないかと思います。決算発表が本格化するなかで、その決算動向などを織り込むように、値幅調整というよりは日柄の調整が必要ということではないかと思います。

米国株が軟調となったことやいったん円安に振れた為替も落ち着いていることなどから、本日の日本市場は冴えない展開になりそうです。米国の大統領就任式を控えて積極的に持ち高を増やすということもないのでしょうし、週末ということでの手仕舞い売りも嵩みそうです。一方で、逆に手仕舞いの買い戻しなども見られ底堅さは見られそうです。小型銘柄も手仕舞い売りに押されるものが多くなりそうです。

19,000円水準での底堅さ見られるかどうかということになりそうです。積極的に上値を買い上がる材料があるということでもなく、日経平均の銘柄入れ替えに伴う持ち高調整や決算発表の本格化を前に利益を確定する動きも出てくると思われます。当面19,000円を挟んでの動きと考えておいても良いのではないかと思います。

本日の投資戦略

昨日はしっかりと反発してきましたがやはり上値は重くなっています。19,000円を超えてさらに買い上がるという動きも限定的で、本日も19,000円水準での底堅さを確認して買い戻しを急ぐ動きなどが見られるかどうかということになりそうです。

週末ということに加え、米新大統領の就任式、そして日経平均の銘柄入れ替えなどを控えて積極的に持ち高を増やすということでもなく、手仕舞いの売り買いが中心になると思われ、ここまで売られていたものが買われ、買われていたものが売られるようなことになるのではないかと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)