トランプ大統領,ソロス氏,バフェット氏,米国
(写真=Thinkstock/Getty Images)

新政権に移行した米国の行方をめぐり、2大著名家、ジョージ・ソロス氏とウォーレン・バフェット氏の意見が真っ向から対立している。

両者ともにクリントン政権の誕生を切望していたが、かたくなにトランプ政権を否定し続けるソロス氏とは対照的に、バフェット氏はヒラリー氏の敗北以降、トランプ政権がもたらす経済効果についてポジティブな視点へと切り替えている。

ソロス氏は英メイ政権も「長続きしない」との見解