佐川急便グループの不動産マネジメント会社がホテル開発に乗り出した。新大阪駅徒歩4分の好立地に地上24階建て、客室398室のタワーホテルを19年末にオープンする予定だ。デリバリー、ロジスティックの拠点として好立地の事業用不動産を多数保有するSGグループの不動産CRE戦略がいよいよ物流以外の分野へも動き始めた。

SGリアルティが大阪にホテル開業

佐川,CRE,ホテル
(写真=Thampapon/Shutterstock.com)

7月20日、佐川急便を中核にもつ持ち株会社SGホールディングスで不動産事業を手掛けるSGリアルティ社が、リクルート <6098> のビル事業部の流れをもつ不動産マネジメントのザイマックス社と共同で、新大阪のホテル開発に着手することを発表した。

場所は大阪市淀川区宮原3丁目で、新大阪駅北西徒歩4分ほどの好立地。もともとSGグループが保有していた事業用土地2080㎡の再開発で、高さ95m、地上24階、延床面積1万8450㎡、客室398室のタワーホテル「からくさホテルズ新大阪プレミア」を19年末に開業するプロジェクトだ。

オペレーションは、ザイマックスが100%出資する子会社の「からくさホテルズ」が行う。「からくさホテルズ」は現在、札幌、京都、なんば、心斎橋などに5ホテルを運営している

新大阪は関西交通のハブであり、関西国際空港からも1時間程度のアクセスでインバウンド需要にとっても好立地にある。計画では大型バスが乗り入れ可能な車寄せを備えた「からくさホテルズ」の旗艦ホテルとなる見込みだ。インバウンド観光客の、大阪、神戸、京都、奈良など関西観光のゲートウェイとして機能することだろう。

CRE戦略に乗り出すSGグループ