2020年東京オリンピック・パラリンピックは、多くの分野にビジネスチャンスをもたらす。

オリンピック開催がもたらす最大のプラス材料は、観光・ビジネスで訪日する外国人が大幅に増加することだ。

2012年に開催されたロンドンオリンピックの翌年、2013年にロンドンを訪れた観光客は、2012年度比で130万人増加の1680万人だったということが、公的機関(ONS)によって報告されている。

日本の観光庁も2020年までに訪日外国人旅行者を4000万人に増やすという目標を設定している。観光産業は宿泊、土産物、飲食、交通機関、旅行代理店など関わる企業の裾野が広い。オリンピック開催を機に発展を遂げるロンドンに続けるかどうかが注目される。

しかし、4000万人もの外国人旅行者を首都圏だけでまかなうことは難しい。その受け皿として注目されているのが、スポーツツーリズムだ。

新たなビジネスチャンスとして注目されるスポーツツーリズム

ビジネスチャンス,インバウンド,観光,東京五輪
(画像=野沢温泉観光協会Webサイトより)

「スポーツツーリズム」とは、スポーツと観光旅行(ツーリズム)を融合させた新たな観光スタイルである。スポーツを通じて新しい旅行の魅力を創り出し、新たなビジネス、環境を創出することが目的だ。

政府は2025年までにスポーツ産業の市場規模を15.2兆円に拡大する目標を掲げており、スポーツツーリズムなどスポーツと他産業との融合が4.9兆円と、潜在力が高く、最も伸びる分野と見込まれている 。

企業・スポーツ団体・観光団体が連携し、スポーツの振興のみならず訪日外国人の誘致や国際イベントの開催など、多くの経済効果・地域振興が期待できるとして官民一体となってさまざまな施策を進めている。

スポーツツーリズムは地域にどのような恩恵をもたらすか

スポーツツーリズムの成功事例として挙げられるのが、長野県の野沢温泉である。

野沢温泉の外国人観光客はこの5、6年で急増しており、2015年度には8万5000人が宿泊したとも言われている。

野沢温泉を訪れる外国人観光客の目的はスキー。スキー場の規模などは既に外国人観光客を多数集めているニセコ地域や白馬地域よりも小さいが、主に口コミが広がることによって、まだ訪日経験の浅い外国人観光客を多数惹きつけている。

スポーツツーリズムは外国人観光客の誘客のみならず、観光地の閑散期をなくす有効な施策としても注目されている。

例えば、沖縄県の石垣市は夏休み期間中をピークにたくさんの観光客が押し寄せ、にぎわいを見せる。それが9月以降になると、観光客は一気に減って活気を失ってしまう。

そこで石垣市は気候や地形を活かして、「石垣島トライアスロン大会」を閑散期の有効な施策として打ち出した。7400人の参加者があった2009年の参加者の消費額や大会運営費等を加えた直接効果は約3億6000万円とされている 。

国体やインターハイといった国内大規模イベントに比べ、開催期間が短く、施設整備の必要少ない単発的な小規模イベントでは、経済効果の数字自体はそれほど大きくならないが、その分直接効果が大きいものとなる。

2020年の東京オリンピックを機に、外国人旅行者や国際イベントの開催件数、国内観光旅行の消費額の増加が見込まれる。中国人に対するビザ発給要件の緩和も起爆剤となるだろう。

これからはスポーツをいかに利用し、地元経済の活性化、観光客の誘客に利用するか、地方都市や企業それぞれのビジョンとアクションにかかっている。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)