今朝は夜半からの雨が続き、路面は水もたまっています。株式市場は米国で再び上昇となり、日本市場でも配当落ち分を埋める動きになりそうです。昨日は埋めきれなかったのですが、実質的にはプラスとなったのでもあり、堅調な地合いが続いているということなのでしょう。

ただ、ここからは配当取り後の手仕舞い売りがどこまで出てくるかということになるのでしょうが、銀行株などの高配当銘柄が高値を抜けてくるかどうかを見ておけばいいと思います。高値を抜けて買い上がる材料も特にないのですが、買い戻しを急動きがあれば意外高となりそうです。ただ、その場合には買い戻し一巡となったあとに注意が必要ということでしょう。

米国株が堅調、為替も円安ということで本日の日本市場は堅調な展開が期待されます。配当落ち分を埋めて上値を試すことになるのでしょうが、20,400円を超えて20,500円を意識するような水準では上値も重くなると思います。円安がさらに進むとか、債券売り、株式買いの動きが出れば20,500円をうかがうこともあるのでしょう。ただ、いったん上値が重くなると配当取り後の手仕舞い売りに押さえられることもありそうです。

配当取り後の手仕舞い売りがどこまで出てくるかということになりそうですが、20,500円を意識したところでは利益確定売りに上値を押さえられそうです。円安が進めば上値も期待できそうですし、「選挙の買い」も「月初の買い」も期待できそうですが、ある程度織り込まれているとすれば、上値も重く、当面は20,000円~20,500円水準での動きが続くということになりそうです。

本日の投資戦略

アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

昨日は配当落ち分を埋めきれなかったのですが、本日は円安、米国株安ということで落ち分を埋めて高値を試す動きもあるかもしれません。買い戻しを急ぐ動きがでるか、配当取り後の手仕舞い売りが嵩むかで、全体の動きも変わってくるのでしょうが、いったん上値の重さが気になりだすと手仕舞い売りを急ぐ動きになるのでしょうし、大きく円安に振れるとか選挙期待の買いなどで買い戻しを急ぐ動きになると上値をためすことになるのでしょう。

衆議院の解散で政治的には波乱含みということになりそうですし、「アベノミクス」がとん挫するという可能性もあるなかで、経済的効果の未知な政権になるという懸念も出てくるのではないかと思います。選挙までは期待もあって株価上昇も期待されますが、実際に「アベノミクス」に替わる経済政策が見えてくるかどうかということなのだと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)