ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
見通し・戦略
Written by 羊飼い(ひつじかい) 82記事

竹内典弘氏の相場観

【羊飼いのFX突撃取材】米雇用統計までは材料難な一週間となるだろう

2017年10月2日11時過ぎに竹内典弘さんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き

現在の為替相場の傾向や相場観

羊飼いのFX突撃取材,為替見通し
(写真=PIXTA)

スペイン第2の都市バルセロナを中心とする、北東部のカタルーニャ州の独立の是非を問う国民投票が1日(日)に始まった。中央政府は憲法違反として投票の阻止に動いており、警官隊と住民の衝突で多数の負傷者が出ている模様。このため、週明けのユーロは若干売りが優勢となっているが、ユーロ売りは一時的なもので、ユーロ買いの大局は変わらない。

今週は、細かい経済指標が複数あるものの、6日(金)の米雇用統計までは材料難な一週間となるだろう。

米雇用統計は、甚大な被害をもたらしたハリケーン襲来後初めての発表ということで、非農業部門雇用者数の増加幅は13万人と、悪い数字が織り込まれている。
今週から来週にかけて、マーケットではFRB議長の後任人事の思惑が焦点となりそうだ。

また、小池新党の躍進は、アベノミクス及び円安のブレーキとして、米系ファンドが材料視する可能性もあり、やや円安のバイアスがかかりそうだ。

現在の為替相場の戦略やスタンス

一週間のボラティリティから換算する今週のレンジは、米ドル/円で111.50~114.00円、ユーロ/米ドルで1.1700~1.1900ドル、ユーロ/円で131.50~134.50円を予想している。

竹内典弘
1990年、カナダ系の銀行へ入行し為替ディーラーとなる。HSBCでは米ドル/円のチーフトレーダーを務めるなど20年以上にわたって為替市場の第一線で活躍。現在は個人トレーダーとして自己資金を運用するほか、twitter(@yen20pl)や西原宏一さんのメルマガを通じて情報配信を行なう。

羊飼い(ひつじかい) FXトレーダー&ブロガー
羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
9月に読まれた記事ベスト10|トイザらス破産、スタバ以上のホワイトな企業とは……
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
住宅購入の前に読みたい記事5選|年収5倍までの住宅購入は正しいのか?
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)

【羊飼いのFX突撃取材】米雇用統計までは材料難な一週間となるだろう
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV カタルーニャの独立の是非を問う住民投票の影響は微減、クロ...
NEXT 【羊飼いのFX突撃取材】ドルが買われる可能性の方が高いとみ...