総選挙というビッグイベントをキッカケに、日経平均株価は16連騰という歴代最長記録を更新した。

そうは言っても、すべての企業が平等に株価を伸ばすわけではないところが株式投資の難しさでもある。取引によっては、せっかくの相場上昇の流れの中でも、マイナスのパフォーマンスを残してしまうことすらあるのだ。ここではそんな本格的な上昇相場の時に思わずやってしまいがちな「損する取引」を幾つかご紹介していきたい。

トレンド変化による株高は大型株が主導

株式取引
(写真=PIXTA)

株式市場には株価のトレンド(大きな流れ)が存在している。「トレンドに逆らうな」という言葉がある通り、大きな流れに逆らって取引をすると投資の世界では勝てないばかりでなく、損失を出してしまうことがある。逆にトレンドに乗って素直に取引をすれば株式投資で利益をあげることはそれほど難しくはない。

相場環境が大きく変化し、新しいトレンドが発生する場合には相場を引っ張っていくのは日経平均株価225種をはじめとした大型株である。大型株は時価総額の大きな銘柄であり、例えばトヨタ自動車 <7203>、ソフトバンク <9984>、野村ホールディングス
<8604> といった企業がこれに当たる。

逆に言えばこのような株式が上昇している途中で「空売り(株価が下がると利益が出る)」を仕掛けてしまうと、手痛い目をみることにもつながることは覚えておくと良い。

業績好調株の利益確定売りにご用心