信用取引と聞くと怖い印象をもつかもしれないが、株主優待を無料でゲットできる「つなぎ売り(クロス取引)」は、個人投資家からの認知度が高まり、利用者も増えているように感じる。

株式投資で収益チャンスを増やすためにも、株価の下落局面で活用できる「空売り(からうり)」はおさえておきたい取引方法だ。

信用取引とは?

信用取引
(写真=PIXTA)

手持ち資金の範囲内で取引をおこなう現物取引に対して、信用取引は手持ち資金を証拠金として差し入れることで、手持ち資金以上の取引ができるようになる証拠金取引である。信用取引では個人投資家が証券会社に一定の金銭等の担保(=証拠金)を差し入れることで、証拠金の約3倍の金額まで取引できる。

最低証拠金額は建玉総額の30%以上かつ30万円以上としている会社が一般的なため、30万円の資金があれば信用取引を活用することで3倍にあたる100万円程度まで株取引ができるようになる。

元手資金が30万円ある場合で考えてみよう。元手資金30万円を証拠金にすることで、投資資金30万円で30万円の株Aを3株、90万円(30万×3の90万円まで株を取引できるようになるのだ。現物取引では、30万円が40万円になれば10万円の利益だったが、信用取引では10万円の利益が3株分あるので、10万円×3の30万円が利益になる。信用取引を活用することで、投資資金が同じでも利益を3倍にすることができるようになる。

このように少ない資金で大きな金額を取引できるようになることを「レバレッジ効果(てこの原理)がある」と言う。株式投資では信用取引が、為替取引ではFX(外国為替証拠金取引)が証拠金取引にあたる。

信用取引の取引手法