「世界の人気観光地都市ランキング」 が発表され、東京、大阪、京都、千葉がトップ100にランクインした。2016年は927万人の観光客が訪れた東京は13位。2017年は970万人に増える(4.8%増)と予想されており、2020年には1236万人、2025年には1465万人に増えるとの見込みだ。

9年連続で首位を維持した香港のほか、バンコク、ロンドン、シンガポールが上位を占めるなど大きな変動はなし。トップ10で順位が入れ替わったのは、マカオとドバイだけという結果に。

ランキングはロンドンに本部を置く調査会社ユーロモニター・インターナショナルが、毎年作成しているもの。

観光客に最も人気のある20都市

観光,都市,ランキング
(画像=Thinkstock/Getty Images)

20位 マイアミ(米国) 783万人
19位 メッカ(サウジアラビア) 796万人
18位 プラハ(チェコ) 862万人
17位 広州市(中国) 862万人
16位 ソウル(韓国) 900万人
15位 イスタンブール(トルコ) 914万人
14位 台北(台湾) 923万人
13位 東京(日本) 927万人
12位 ローマ(イタリア) 940万人
11位 プーケット(タイ) 1208万人

10位 クアラルンプール(マレーシア) 1230万人
9位 ニューヨーク(米国) 1270万人
8位 深セン市(中国) 1260万人
7位 パリ(フランス) 1440万人
6位 ドバイ(アラブ首長国連邦) 1470万人
5位 マカオ(マカオ) 1540万人
4位 シンガポール(シンガポール) 1660万人
3位 ロンドン(英国) 1920万人
2位 バンコク(タイ) 2120万人
1位 香港(香港) 2660万人

高まるアジア都市人気 日本は関東より関西が人気上昇?

昨年トップ100都市を訪れた観光客は合計5.6億人。渡航件数12億件のうち46%がトップ都市に集中している。

注目すべきは2010年にはトップ100のうち34都市だったアジアの都市が、現在41都市まで成長している点だ。2025年までにさらに5割弱に増えると予想。

アジア圏への到着便・出発便の成長率は8.5%(前年比0.5ポイント増)と、観光都市としての人気を着実に高めている。

中国からの国外旅行者の増加が、こうした変化に大きく貢献しているものと思われる。またBrexitで国際都市としての地位が懸念されるロンドンを、いずれシンガポールが追い抜く可能性も高い。

日本は13位の東京のほか、33位に大阪(8.7%増)、72位に京都(10.4%増)、91位に千葉(2.7%減)がランクイン。千葉はマイナス成長ではあるものの初のトップ100入りを果たした。

インドネシア、インドが急成長、韓国は大きく減速

香港は首位を維持したものの、成長率は3.2%減。飛躍的な伸びを見せたバンコク(9.5%増)、シンガポール(6.1%増)、マカオ(5.9%増)、プーケット(14%増)などと対象的だ。

インドの人気も強まっており、21位のデリー(37.7%増)は9つ、22位のムンバイ(23.5%増)は5つ、35位のアーグラ(26.3%増)は7つ順位を上げた。

最大の伸びを見せたのはデンパサール。インドネシア南部に位置する人口80万人の都市だ。52.9%増で18もランクを上げ50位となった。同国からはジャカルタ(48.5%増)も25ランク上げて83位となるなど、観光地としての国外からの関心が急激に高まっている。

逆に韓国では観光客離れが目立つ。成長率を下げた10都市のうち、済州市は11.9%減、17ランク後退で71位と最も減速し、ソウルも14.9%減となった。

トランプ政策の影響は?ニューヨーク以外は成長率減

観光業を直撃すると懸念されていたトランプ政策だが、表面上はさほどネガティブに作用していない印象を受ける。米国旅行協会(USTA)の今年のデータ によると、5月は前年同月比5%増以上など順調な成長を続けている。

しかし都市ごとの成長を見てみると、旅行者の関心が他国の都市に移行あるいは分散しつつある印象は否めない。

ニューヨークは6位を維持したものの(3.6%増)、マイアミ(3.1%増)は1ランク後退。ラスベガス(0.8%減)とロサンゼルス(4.0%増)は3ランク、オーランド(2.7%増)は2ランク後退した。

ロンドンに依存する英国の行方に懸念 スペインの都市が跳躍

欧州はテロの多発やBrexit、移民問題など、成長の妨げとなるの要因の影響が色濃くでている。英国はポンド安の影響もあり、観光業がかつてないほどの盛り上がりを見せている。

年内には9.5%の増加を記録するとの予想だが、国外からの観光客の半分以上がロンドンに到着するなど、煽動力が首都に過剰に集中している点が気にかかる。第2都市のエディンバラを利用する観光客は、その10%にも満たない。同様の偏りは経済やビジネスにも共通する。

パリは順位は不動だが成長率は0.9%減。ローマも1.8%増と低迷し、順位は2つ後退した。 代わってバルセロナ(8.3%増)やマドリード(8.8%増)など、スペインの大都市が頭角を現している。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)