総合不動産サービスの米ジョーンズ ラング ラサールは10月23日、The Business of Citiesとの共著で世界都市比較インデックスを分析したレポート「都市パフォーマンスの読解」を発表した。競争力のある世界都市ランキングの5位には東京がランクインしており、世界最高水準のグローバル都市としての地位を維持している。

競争力のある世界都市 「ビッグ7」と呼ばれる上位7都市とは?

世界都市
(写真=PIXTA)

レポートでは、300以上ある都市比較インデックスの中から44の比較インデックスを「企業のプレゼンス」、「ゲートウェイ機能」、「市場規模」、「インフラ基盤」、「人材」、「専門性のイノベーション」、「ソフトパワー」の7項目において分析、都市の現状や発展のレベル、新たなトレンドを不動産の観点から調査している。それに基づき、発表された競争力のある世界都市ランキングの上位7都市は次のようになっている。

1位 ロンドン
2位 ニューヨーク
3位 パリ
4位 シンガポール
5位 東京
6位 香港
7位 ソウル

これらの上位7都市は「ビッグ7」と呼ばれ、世界をリードする都市として存在感を発揮している。これまでは、ソウルを除く6都市で「ビッグ6」を形成していたが、ソウルがグローバル企業の躍進やインターネット環境の発達を背景に評価を上げ、「ビッグ7」となった。

これらの「ビッグ7」に続く都市は「挑戦者たち」と呼ばれており、8位のロサンゼルス、9位の上海、10位の北京等が「ビッグ7」を追いかける形となっている。

競争力の高い上位5都市 それぞれの抱える問題とは?