移民,人口増加,ランキング
(写真=Thinkstock/Getty Images)

世界229カ国・地域における2015年の移民数が発表され、米・印・メキシコ・独・露が最も移民の多い国であることが判明した。

日本の移民数は204万人。ランキングでは、香港(284万人/20位)、シンガポール(254万人/24位)、マレーシア(251万人/25位)に次いで29位だ。上位と比較するとはるかに移民数は少ないものの、近隣国である韓国(133万人/40位)や中国(98万人/48位)よりは多い。

このランキングは国際連合人口部(United Nations Population Division)の統計に基づいて作成された。他国で1年以上暮らしている移民数を集計している。

ピュー研究所(PwC)によると移民数は年々増えており、過去50年で7900万人から2億4400万に膨れあがっている。世界中の移民をひとつの国に集結すると、世界第5位の人口大国になるそうだ。

移民は中間所得から高所得国に流れる傾向がある。移民の5人に1人が米国を目指すといわれているだけに、不法滞在している移民も1000万人を超えるといわれているが、オバマ政権の昨年の不法移民の強制送還件数は33万人と、2014年から20%減。11月13日、米CBSTVに出演した次期大統領、ドナルド・トランプ氏は、不法移民対策の第1弾として300万人を米国から排除する意向を明らかにした。

移民の多い20カ国 米国への移民は日本の22倍

20位 香港 284万人
19位 クウェート 287万人
18位 トルコ 296万人
17位 ヨルダン 311万人
16位 パキスタン 363万人
15位 タイ 391万人
14位 ウクライナ 483万人
13位 スペイン 585万人
12位 オーストラリア 676万人
11位 バングラデシュ 720万人

10位 フランス 774万人
9位 カナダ 784万人
8位 アラブ首長国連邦 810万人
7位 英国 854万人
6位 サウジアラビア 1019万人
5位 ロシア 1060万人
4位 ドイツ 1201万人
3位 メキシコ 1230万人
2位 インド 1560万人
1位 米国 4663万人

(ZUU online 編集部)

【訂正】中国のランクが間違って7位に入っていたため修正、これにともない8位以下を繰り下げました。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)