東京都内の新築マンションの分譲価格が上昇傾向にある中、とりわけ千代田区における上昇幅が高い水準で推移している。オフィスビルや商業施設の新規開業や生活環境の良さなどに支えられ、最近3年の価格上昇率は都内でトップとなり、消費者の人気物件に対する購入意欲はとりわけ高い。

価格上昇率は2014年比で23区トップ

不動産調査会社の東京カンテイ(東京・品川)の調査データによると、千代田区における2017年1〜7月の平均坪単価は、2014年比で184万5000円増の562万5000円を記録した。平均坪単価の上昇幅は48.8%となり、ここ数年の価格上昇が顕著な港区(上昇幅43.6%)を凌いで首位となっている。

2017年1~7月の平均坪単価でも、千代田区は港区の578万6000円に次ぐ2位と高い水準にある。千代田区が23区屈指の分譲マンション価格の上昇幅を記録している理由には、2018年に完成が相次ぐ大型オフィスビルの誕生や消費者の職住近接志向が追い風となっていることなどがある、と推測されている。

また、東京都心エリアでは2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、交通インフラを含む都市開発も進み、特に千代田区ではここ数年の人口増加も著しい。国勢調査によると、2015年の人口増加率は前回調査の2010年比で23.4%増を記録し、東京都内の区市町村で最も高かった。新しい商業施設の誕生は2018年以降も続くと期待されており、人口流入が今後と続くとみられる。

子育てや高齢者支援の充実も人気の理由

また千代田区が実施している施策、特に区民の生活環境の向上や子育て・高齢者支援に関する取り組みを評価する声も多い。千代田区は、子育て支援の強化に向けた財源確保に関する条例の制定や幼保一元化、高齢者サポートセンターの設置、歩きタバコやポイ捨ての禁止など、千代田区民の生活環境を向上するための取り組みを積極的に実現してきた。

千代田区の石川雅己区長も区民の生活環境の向上に対する関心が高い。2018年1月4日の年頭挨拶では、生活に重点を置いた「ライフ・ワーク・バランス」の重要性を強調した。年頭挨拶の中で石川区長は、希望に応じた「仕事」と、子育て・介護や地域活動などの「仕事以外の生活」の調和がとれ、その両方を充実させていくことの大切さを語った。

「東京都心」という揺るぎないブランド価値と利便性の高さに加えて、新たなオフィスビルや商業施設の開業、生活環境の充実や子育てと老後支援などにより、千代田区内にあるマンションの資産価値は今後も下落しにくい状況にあると考えられる。

人気物件に対する購入意欲の高まり

供給状況の変化や金融情勢などによる不動産価格下落の懸念はいつでも時代でもあるものの、それは千代田区内に限った話ではないと言える。今後も千代田区の分譲マンションの価格上昇に期待する声も大きく、特に人気物件に対する消費者の購入意欲は年々高まりを見せている。

ここからは東京都千代田区にある新築マンションの人気購入物件を、各物件の立地や利便性、特徴などに触れながらランキング形式で紹介する。 (※2018年1月16日時点 不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME'S』調べ)

港・千代田・中央・新宿・渋谷・文京の6区の人気「戸建て」についてはこちら

1位 徒歩10分圏内に7駅7路線 ウエリス千代田東神田

「品格」「洗練」「温もり」「伝統美」というテーマを掲げてプランニングされ、エヌ・ティ・ティ都市開発が手掛ける「ウエリス千代田東神田」は全住戸が角部屋で、2面開口による開放感やホテルライクな内廊下設計などが魅力だ。室内はプライバシーに配慮したクランク玄関やLD(軽量ドア)を拡大できるウォールドアを採用し、大型収納も設置されている。徒歩10分圏内で7駅7路線を利用でき、東京駅までは徒歩4分という利便性も魅力だ。建物の四方が道路に囲まれているため開放的で、車の出入りがしやすいのも好要素と言える。

【アクセス】JR山手線「秋葉原」駅 (昭和通り口)より徒歩10分
【情報提供元】エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社

ウエリス千代田東神田の資料請求はこちら

2位 街並みと日本の美の調和 プラネスーペリア四番町

人気ランキング堂々2位の「プラネスーペリア四番町」は、古き良き日本建築を模倣した外観や煉瓦タイルも用いられた外装などが魅力の一つ。リビングは、連続窓や折り上げ天井により凛とした雰囲気を際立たせている。そのほか、全ルームプランに主寝室と洗面化粧室を結ぶ動線を採用しており、日常的な使い勝手にも配慮してあるのが特徴だ。キッチンは「魅せる空間」を最大限意識してデザインされ、調理スペースとしての快適性も兼ね備えている。

【アクセス】東京メトロ有楽町線「市ヶ谷」駅(A3出口) 徒歩3分
【情報提供元】大林新星和不動産株式会社

プラネスーペリア四番町の資料請求はこちら

3位 歴史・現代・自然が融合 グランスイート千代田麹町

「千代田麹町、東京を謳歌する地へ。」をテーマに掲げた丸紅株式会社の「グランスイート千代田麹町」は、歴史ある街並みとビジネス街という二つの表情を持ち合わせた麹町に立地。全戸が角住戸となっており、プライバシーに配慮するために隣り合う住戸を少なくしていることも特徴の一つだ。最寄り駅のJR中央・総武線「四ツ谷駅」まで徒歩2分、新宿駅へは直通5分という利便性の良さのほか、周辺には赤坂御所や皇居もあり、豊かな自然環境も人気の理由の一つとなっている。

【アクセス】JR中央・総武線 四ツ谷駅 (麹町口より)徒歩2分
【情報提供元】丸紅株式会社

グランスイート千代田麹町の資料請求はこちら

4位 駅の賑わいと静寂を兼備 ザ・パークハウス五番町

三菱地所レジデンス14作目の番町邸宅である「ザ・パークハウス五番町」は、都心においても豊かな自然を有する五番町にある。すぐ側にJR総武中央線「市ヶ谷駅」の賑わいがありながらも、木々の緑と石畳が連なる奥行きある前庭が、都会の喧噪から離れた静かさを生み出している。全プランに屋外と室外を一体化できるバルコニーを採用しており、洗練されたデザインのリビング・ダイニングも魅力だ。住戸は南向きが中心。

【アクセス】JR総武中央線「市ヶ谷」駅(JR出口)より 徒歩2分
【情報提供元】三菱地所レジデンス株式会社

ザ・パークハウス 五番町の資料請求はこちら

5位 神田や日本橋などが生活圏 ライオンズ千代田岩本町ミレス

※こちらの物件の掲載は終了しています。

神田や秋葉原、日本橋などが生活圏となり、東京駅1.5キロ圏内にあるコンパクトマンション「ライオンズ千代田岩本町ミレス」。ルームプランは南向きが中心で開放感溢れるデザイン設計の上、ふんだんに日差しが降り注ぐ角住戸が多いことも特徴の一つ。南西に面した窓付きのバスルームやホテルライクな内廊下設計であることも魅力だ。素材の選定にもこだわり、風合いの美しいモザイクタオルや品格を醸し出す大判タイルをエントランスなどの内外装に採用している。表通りから離れており、静かな環境も人気の要因の一つとなっている。

【アクセス】都営新宿線「岩本町」駅下車徒歩4分
【情報提供元】株式会社大京

千代田区の新築マンション一覧はこちら

6位 15駅15路線を利用可能な立地 シティインデックス神田

15駅15路線を利用可能なことによる交通の利便性が良く、単身世帯やディンクス(進んで子どもをつくらない共働き夫婦)にも適した「シティインデックス神田」。話題の人気店がひしめく神田界隈が生活圏となり、自転車で丸の内や日本橋、銀座エリアへも5〜10分ほどで行けることも魅力の一つと言える。スクエア的デザインを採用したことによるスタイリッシュな外観やアースカラーの吹き付けタイルを外壁に採用し、マンションの品位をより一層際だたせている。最寄り駅である都営新宿線「岩本駅」までは徒歩3分の好立地。

【アクセス】JR山手線「神田」駅 徒歩6分
【情報提供元】株式会社シティインデックス

シティインデックス神田の資料請求はこちら

7位 3層吹抜構造のエントランス シティハウス千代田外神田

上野恩賜公園や旧岩﨑邸庭園など緑豊かな自然も身近にある住友不動産の「シティハウス千代田外神田」。生活圏は御茶ノ水や上野、秋葉原などとなり、スーパーなどの生活利便施設も近隣に多い。2017年11月には徒歩6分の場所に、上野の新ランドマークとなる複合商業施設「上野フロンティアタワー」もオープンしている。独立した3層吹抜構造のエントランスが特徴の一つで、木目調塗装が美しいコンクリート打ちっ放し風の壁が落ち着いた雰囲気を一層際立たせている。全プランにリビング・ダイニングと洋室を一体で利用できる部屋設計を採用していることも人気の理由の一つ

【アクセス】東京メトロ千代田線「湯島」駅から徒歩2分
【情報提供元】住友不動産株式会社

シティハウス千代田外神田の資料請求はこちら

8位 屋上庭園で四季の美しさも堪能 パークホームズ千代田淡路町

ワイドスパンを中心に幅広いルームプランを提供している「パークホームズ千代田淡路町」は、東京メトロ銀座線「神田駅」まで徒歩2分、JR山手線「神田駅」まで徒歩5分の好立地にある。丸の内や大手町などの商業ビジネスエリアも徒歩圏にあることも人気の一つ。エントランスは「水の潤い」をテーマにウォーターウォールを採用し、優雅さと風格を兼ね備えた空間に仕上げた。マンションの屋上空間にある庭園も魅力で、四季の移ろいを都心にいながら堪能することもできる。

【アクセス】東京メトロ丸ノ内線淡路町駅徒歩3分
【情報提供元】三井不動産レジデンシャル株式会社

パークホームズ千代田淡路町の資料請求はこちら

9位 「クラシックホテル」の品位と格式 ジオ千代田大手町

阪急不動産の「ジオ千代田大手町」は、多くの大手企業が本社を構える東京都大手町に位置する。「クラシックホテル」の品位と格式を目指したデザインを採用しており、エントランスは開放的な2層吹抜構造。和紙や照明による空間演出も趣にあふれる。風除室とエレベーターカゴ内にオートロックを、各住戸の玄関前にはモニターを設置し、トリプルセキュリティにより防犯性を高めていることも特徴の一つだ。そのほか、駐車場への車の動線と歩行者の動線を分けていることにより、安全性も高めている。

【アクセス】東京メトロ丸ノ内線「大手町」駅 徒歩5分
【情報提供元】阪急不動産株式会社、京急不動産株式会社

ジオ千代田大手町の資料請求はこちら

10位 靖国神社の美しき杜を望む シティタワー・ルフォン九段の杜

靖国神社の杜や外濠の水を望む住友不動産の「シティタワー・ルフォン九段の杜」では、春は全てのルームプランから靖国神社の杜に咲く桜を堪能できる。天然石やガラスなどをあしらったシンメトリーの外観デザインは、先進性と落ち着きを醸し出す。赤や黒の石材などを使った2層吹き抜けのエントランスホールも人気の理由の一つだ。外からの視界を遮る内廊下は日常のプライバシー性を高めている。アクセス面では、最寄り駅として4駅7路線を利用可能で、都心に位置する千代田区大手町の立地の優位性も購入希望者にとってはプラス要素と言えるだろう。

【アクセス】都営新宿線「市ヶ谷」駅(A4出入口)より徒歩5分
【情報提供元】住友不動産株式会社

シティタワー・ルフォン九段の杜の資料請求はこちら

11位 全住戸40㎡台の1LDKプラン シティインデックス千代田秋葉原

JR「秋葉原」駅から徒歩6分の立地にある「シティインデックス千代田秋葉原」は、全住戸が40㎡台のウォークインクローゼット(WIC)付き1LDKプランだ。徒歩10分圏内で8駅8路線を利用可能で、プライベートシーンにもビジネスシーンにも適した場所と言える。外観はアースカラーで落ち着きのあるコーディネート。車やバイク、自転車、人の出入り口を独立させた「歩車分離設計」による安全性の高さも特徴の一つ。エントランスでは、床と壁、天井などに採用する内装材を変えることで、シックな空間に仕上げている。

【アクセス】JR山手線「秋葉原」駅 徒歩6分
【情報提供元】株式会社シティインデックス

シティインデックス千代田秋葉原の資料請求はこちら

12位 1フロア2住戸でプライバシー性高く サンクレイドル千代田岩本町

「サンクレイドル千代田岩本町」は、秋葉原や神田、日本橋などにも近い千代田岩本町に位置しており、10駅9路線を最寄り駅として利用できる。コンビニや薬局、郵便局などの利便施設が近いことも人気の理由となっている。3面接道角立地で、全戸が南向きかつ角住戸となっているほか、1フロア2住戸というプライバシー性の高さも特徴の一つ。高純度の水晶からできている「フィオレストーンキッチン天板」を全ルームプランに備えているほか、多様な収納を備えた機能的なキッチン空間となっていることも魅力となっている。

【アクセス】JR山手線「秋葉原」駅 徒歩10分
【情報提供元】株式会社アーネストワン

サンクレイドル千代田岩本町の資料請求はこちら

13位 全室に開放感溢れる「ドライバス」 THE CONOE〈一番町〉

東京メトロ「半蔵門」駅から徒歩2分に位置し、各国の大使館が点在する地域にあり高いセキュリティ性も特徴の「THE CONOE〈一番町〉」。金色の組子文様デザイン「千本格子」を取り入れた外観は、ミュージアムを連想する佇まいと言える。エントランスでは、御影石貼りの床や木調の縦格子を採用している。4重のセキュリティも特徴の一つで、高い安全性を実現している。ホテルチェーンも展開するアパグループならではとも言えるオープンバスルーム「ドライバス」も、魅力的なファシリティの一つとなっており人気だ。

【アクセス】東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅 徒歩2分
【情報提供元】アパ株式会社

THE CONOE〈一番町〉の資料請求はこちら

14位 究極のプライベート空間を追求 ブランズ永田町

「究極のプライベートを求めた全21邸」をキャッチコピーにした東急不動産の「ブランズ永田町」は、国会議事堂から徒歩5分の高台角地(標高26メートル)に位置している。自然豊かな環境にあり、永住にも最適な免震構造となっていることも人気の理由の一つだ。高さ約5.5メートルの吹抜けとなっているエントランスには、職人が仕立てた鋳造のシャンデリアやオーダー家具などが備わっており、くつろぎの空間に仕上がっている。格式高い老舗の料亭から新規オープンしたグルメスポットまで点在する赤坂エリアが近いことも魅力だ。

【アクセス】東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線 「永田町」駅 から徒歩 3分
【情報提供元】東急不動産株式会社

ブランズ永田町の資料請求はこちら

15位 「敬い」「清廉」などテーマに設計 Brillia 一番町

※こちらの物件の掲載は終了しています。

「和やかさ」「敬い」「清廉」「静寂」を理念に空間設計・演出を追求した「Brillia 一番町」は、かつて多くの文人墨客が行き交った「番町文人通り」から徒歩1分の場所に位置している。エントランスホールは2層分の壁面をガラスウォールにし、多彩なアート作品もホール内に備えていることが特徴だ。3キロ圏内に永田町などの官公庁エリア、大手町や東京駅などのビジネスエリア、銀座や六本木などの商業エリアを有する。最寄り駅としては、東京メトロ半蔵門線「半蔵門」を含む3駅5路線を利用可能だ。

【アクセス】東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅 徒歩3分
【情報提供元】東京建物株式会社 八重洲分室

千代田区の新築マンション一覧はこちら

港・千代田・中央・新宿・渋谷・文京の6区の人気「戸建て」についてはこちら

近隣のマンションについてはこちら

資産価値が高い「渋谷区」の新築マンションランキングベスト14 憧憬の地「港区」の新築マンション購入人気ランキング トップ19 再開発が進む町・新宿区のマンションランキングベスト16