再開発が続く新宿の魅力

不動産経済研究所によると、首都圏の2017年11月度の新築マンション相場は、一戸あたりの価格は一戸あたり5551万円(前年同月比7.6%のアップ)となっている。現在も、首都圏の新築マンション相場は上昇傾向にある。

マンションの資産価値が落ちにくい条件の一つに、再開発のあるエリアの物件という条件がある。現在、新宿区は、西富久地区、四ツ谷駅前地区など大規模な再開発が進んでいる地区がある。例えば、2016年9月より工事が開始された四ツ谷駅前の大開発は、交通利便性が高い四ツ谷を更に生活利便性が高いエリアへと発展させるべく、かなりの大規模な再開発となっている。再開発による利便性の向上は、マンションの資産価値に大いにプラスになるので、

新宿区といえば歌舞伎町のイメージも強いが、早稲田などの学生街、私立の四谷雙葉、上智大を擁する文教地区である四ツ谷、最高裁長官邸宅やアンスティチュ・フランセ東京(旧東京日仏学院)もあり、落ち着いた雰囲気の神楽坂もある。資産価値も交通の利便性も備えながら、閑静な住宅地の物件も選ぶことができる住みやすいエリアである。

独身、ファミリー世帯、老夫婦二人世帯まで暮らしやすい新宿区

新宿区は、独身者はもちろんのこと、ファミリー世帯、子育て世帯にも実は生活しやすいエリアである。通勤時間の短縮も喜ばしいことだが、特に、共働き子育て世帯には、「病児保育」も気になるところだろう。東京都福祉保健局によると、2017年3月31日現在、新宿区の病児保育の施設は5か所で23区内でも多い方である。また、子供以外でも、慶應義塾大学病院や東京医科大病院など大きい病院もあり、急に体調を崩した場合の夜間救急対応はありがたく、病気がちな人も安心して生活ができる。

さて、このような居住するにはとても便利な新宿区であるが、どのようなマンションが現在分譲されているのだろうか。ランキング形式で見ていこう。 (※2018年1月20日時点 不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME'S』調べ)

港・千代田・中央・新宿・渋谷・文京の6区の人気戸建てトップ16はこちら

1位  山手線内側エリアで徒歩3分の好立地 ウエリス新宿早稲田の森

西早稲田は、戸山公園に近く、緑の多いエリアである。そのような緑が多く、資産価値の落ちにくい山手線内側エリアの東京メトロ副都心線西早稲田駅より徒歩3分という好立地にある「ウエリス新宿早稲田の森」は、都営地下鉄大江戸線東新宿駅からも徒歩6分のため、通勤利便性はかなりあるといえよう。また新宿駅より2キロ圏内にあるため、買い物などの生活利便性もある。

また、ユニークなサポートとして、ミカフェートの有料コーヒーサービス、引き渡しより2年間利用できるライブラリースペース、コンシェルジュサービスがある。図書館に行かずとも、マンション内で書籍が読めるというのは、なかなかよいサービスである。

【アクセス】東京メトロ副都心線西早稲田駅(3番出口)より徒歩3分
【情報提供元】エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社

ウエリス新宿早稲田の森の資料請求はこちら

2位 やんごとなき地の傍にたたずむ ガーデンヒルズ四ツ谷迎賓の森

「ガーデンヒルズ四ツ谷迎賓の森」は、JR中央本線四ツ谷駅から徒歩10分の距離にある。四ツ谷駅は、他にも東京メトロ丸の内線、南北線も通っているため、交通利便性はかなりよい。また、実はJR総武線信濃町駅にも歩いていけるエリアである。少し歩けば赤坂、青山一丁目にも足を伸ばすことができる。

ただ、「ガーデンヒルズ四ツ谷迎賓の森」の立地条件は山手線内側で資産が下がりにくいとかそれだけではない。なんと東宮御所の近くなのだ。つまり、日本有数の治安がかなりよいエリアという立地なのである。「迎賓の森」という名前の由来は、東宮御所と迎賓館赤坂離宮の近くという由来がある。もちろん、そのような立地なため、マンション周囲の雰囲気は都会の真ん中とは思えないくらい閑静な地である。

そして部屋によっては、赤坂迎賓館の森の眺望も可能である。また、少し距離感はあるが、神宮外苑花火大会も鑑賞が可能とのことである。

もちろん、大手の住友不動産の物件なので、エコジョーズなどの省エネ構造、耐震構造、セキュリティなども万全である。立地に加えてアフターサービスも万全なので、欠点を探すのが難しい物件ではないだろうか。

【アクセス】JR中央本線「四ツ谷」駅から徒歩10分
【情報提供元】住友不動産株式会社

ガーデンヒルズ四ツ谷 迎賓の森の資料請求はこちら

3位 都心のタワーマンションで眺望を楽しむ スカイフォレストレジデンス

JR山手線高田馬場駅より徒歩6分の内側にあるスカイフォレストレジデンスは、資産価値の落ちにくい山手線内側エリアに属するタワーマンションである。このエリアは、スーパーや商店街などが立ち並ぶため、飲食や買い物にはこまらない、生活利便性が高い土地である。また、JR山手線の他、地下鉄東西線、西武新宿線、副都心線西早稲田駅も利用できるため交通利便性もかなりよい。新宿副都心にも近く、通勤に便利なエリアである。

また、部屋によってはスカイビューも楽しめるのがこの物件の特徴だ。部屋によっては、東京タワーや六本木ヒルズなどの夜景を楽しむこともできる。また、足元から天井近くまで広がるダイナミックパノラマウィンドウのおかげで、眺望を楽しみつつ生活することが可能となっている。

交通利便性もよく、生活利便性もよく、しかも部屋からの眺望も楽しむことができる、充実した日々を過ごすことができる物件としておすすめである。

【アクセス】JR山手線「高田馬場」駅から徒歩6分
【情報提供元】住友不動産株式会社

スカイフォレストレジデンスの資料請求はこちら

4位 再開発が進む町、四ツ谷 シティハウス四谷坂町

都営新宿線曙橋駅から徒歩5分の「シティハウス四ツ谷坂町」は、防衛省の近くの閑静な住宅地である。防衛省、四ツ谷警察の近くにあるため治安面ではとても安心感がある。また、山手線内側のほぼ中心であり、東京メトロ丸の内線四ツ谷駅、四谷三丁目駅も徒歩10分くらいなので交通利便性はかなりよい。2キロ圏内には新宿、神楽坂、青山、赤坂があり存在感があるエリアである。四ツ谷駅近辺は、現在再開発工事が開始されたばかりであり、再開発工事が終了すれば、ますますこのエリアはさかえ、便利になることは間違いがない。

また、住友不動産の省エネ、エコの設計はこちらの物件にも採用されている。かなりの利便性もありながら、大手不動産の施工で安心感がある「シティハウス四ツ谷坂町」はとてもおすすめできる物件だ。

【アクセス】都営新宿線「曙橋」駅から徒歩5分
【情報提供元】住友不動産株式会社

シティハウス四谷坂町の資料請求はこちら

5位 購入後のサポートも安心 ザ・パークハウス山吹神楽坂

東京メトロ有楽町線江戸川橋駅から徒歩4分という好立地にある「ザ・パークハウス山吹神楽坂」は、地下鉄東西線神楽坂駅からも徒歩7分ととても交通利便性がよい。都心のどこに通勤するにも快適なエリアだ。神楽坂は、かつて東京国際フランス学園が存在し、今でもフランス政府の語学学校アンスティチュ・フランセ・東京がある住みながらもフランス文化が味わえるお洒落なエリアである。江戸川橋まで行けば、昔ながらの地蔵通り商店街もあり、買い物や生活必需品に困ることはない。

そんな交通利便性と生活利便性の良さをそろえた「ザ・パークハウス山吹神楽坂」は、入居後も三菱地所レジデンスクラブによって、手厚いサポートがある。マンション購入後のアフターケアが気になる人には、チェックリストにいれてもよい物件の一つである。

【アクセス】東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」(2番出口)徒歩4分
【情報提供元】三菱地所レジデンス株式会社

ザ・パークハウス 山吹神楽坂の資料請求はこちら

6位 全戸南向き 牛込柳町の高台に位置するリビオ神楽坂

都営大江戸線牛込柳町駅徒歩5分に立地する「リビオ神楽坂」は牛込神楽坂駅も利用可能で、交通利便性はかなりのものがある。また、南向きの高台に位置するため、都会でありながら日当たりも比較的よいと推察される。

「リビオ神楽坂」の大きな特徴は、全戸南向きの高台にあるという点である。日当たりの面でもかなり期待がもてる。また、1Kから3LDKまで用意されており、1Kは2800万円の価格帯から用意されている。シングルからファミリーまで満足できる住まいであるといえる。神楽坂エリアにて物件検討中の方に、またおすすめできる物件の一つである。

【アクセス】都営大江戸線「牛込柳町」駅徒歩5分
【情報提供元】新日鉄興和不動産株式会社

リビオ神楽坂の資料請求はこちら

7位 全戸南向きの高台1K、1LDK イニシア新宿早稲田

※こちらの物件の掲載は終了しています。

東西線早稲田駅徒歩5分の「イニシア新宿早稲田」は、全戸南東向きの1Kか1LDKというシングル向きの物件である。山手線内側エリアで、全戸南東向きというのも、最近はなかなか困難であろう。もちろん、通勤も快適に行うことが出来、交通利便性はとてもよい。早稲田界隈のため飲食店も沢山あり、スーパーもあるため日々の生活の買い物に困ることはない。

シングルでマンション購入を検討中の方におすすめしたい物件の一つがこの「イニシア新宿早稲田」である。ライフスタイルにあわせて4つのプランから部屋を選択可能であり、またトリプルセキュリティで、十分なセキュリティ対策もなされている。セキュリティが気になる人には安心して暮らせることだろう。

【アクセス】東京メトロ東西線「早稲田」駅3b出口徒歩5分
【情報提供元】株式会社 コスモスイニシア

新宿区の新築マンション一覧はこちら

8位 四ツ谷の高台に住まう。シティハウス四谷津の守坂

「シティハウス四谷津の守坂」は、前述した「シティハウス四谷坂町」の近くにある。 四谷三丁目の交通利便性、住居利便性はとてもよいので、「シティハウス四谷坂町」と悩む人もいるであろう。

住友不動産の省エネ、エコの設計はこちらの物件にも採用されている。大手マンションデベロッパーで安心感がある「シティハウス四谷津の守坂」は、「シティハウス四谷坂町」と並び、とてもおすすめできる物件だ。

【アクセス】東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅」から徒歩5分
【情報提供元】住友不動産株式会社

シティハウス四谷津の守坂の資料請求はこちら

9位 1LDK、2LDK中心のすまい。ジオ四谷荒木町

※こちらの物件の掲載は終了しています。

ジオ四谷荒木町は、丸の内線四谷三丁目駅より徒歩5分に位置するマンションである。再開発工事に着手したばかりの四ツ谷駅からも徒歩9分という好アクセスにある。それでありながら、このエリアは、防衛省も近く、四ツ谷警察も近いので治安のよい地域である。

「ジオ四谷荒木町」の特徴は、1LDK、2LDKの分譲ということである。「ジオ四谷荒木町」は、LED照明やエコジョーズ、階層ガラス仕様などで光熱費削減対策もなされている。セキュリティもALSOKの24時間遠隔監視システムを採用しておりや防犯センサーなど申し分ないセキュリティだ。

【アクセス】丸の内線「四谷三丁目」駅徒歩5分
【情報提供元】阪急不動産株式会社

新宿区の新築マンション一覧はこちら

10位 都心でも落ち着いたエリア オープンレジデンシア神楽坂ウエスト・テラス

都営大江戸線牛込神楽坂より徒歩6分の「オープンレジデンシア神楽坂ウェスト」は、神楽坂の中でもどちらかというと市ヶ谷よりの位置にある。近くには、防衛省、国際協力機構研究所があり、落ち着いた住環境である。牛込神楽坂駅の他、市ヶ谷駅よりも徒歩8分というかなりの好立地にあり、交通利便性はとてもよい。近くには法政大学、東京理科大学もあり、文教地区としての環境もとてもよいエリアである。

「オープンレジデンシア神楽坂ウエスト・テラス」の大きな特徴は、有償の「オーダーシステム」にある。有償とはなってしまうが、部屋の間取りを少し変更することが可能なので、今まで間取りが気に入らなかったという人には、おすすめしたいシステムである。

【アクセス】都営大江戸線「牛込神楽坂」駅徒歩6分
【情報提供元】株式会社オープンハウス・ディベロップメント

オープンレジデンシア神楽坂ウエスト・テラスの資料請求はこちら

11位 シングルからファミリー向けまで 都心に住まうジオ四谷三栄町

「ジオ四谷三栄町」は、9位の「ジオ四谷荒木町」のすぐ近くにある。設備、仕様はジオ四谷荒木町とほぼ同じだ。ただし、こちらは、1LDK~3LDKの間取りとなる。

あと、「ジオ四谷三栄町」は、エコロジーにも力を入れており、環境に優しい電気自動車の200V充電コンセントを設置しているという仕様となっている(但し、有料)。電気自動車はこれからますます市場が拡大されると予想されているが、家でも充電ができるとなると便利なものがある。

【アクセス】東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅徒歩6分
【情報提供元】阪急不動産株式会社

ジオ四谷三栄町の資料請求はこちら

12位 6駅5路線利用可能 サンクレイドル御苑内藤町

「サンクレイドル御苑内藤町」は、旧高遠藩主内藤家の元領地であり、新宿御苑も近くにあるため緑も多く、落ち着いた住宅地である。東京メトロ丸の内線新宿御苑駅より徒歩6分の位置にある。また、四谷三丁目駅よりも徒歩6分、JR総武線千駄ヶ谷駅にも徒歩12分、都営大江戸線国立競技場駅より徒歩11分の距離にある。交通利便性はとてもよく、とても環境がよいエリアだ。

「サンクレイドル御苑内藤町」の大きな特徴は、1フロアに2邸という作りであろう。全邸角住戸であり内廊下仕様のプライベートレジデンスということで、落ち着いた環境が欲しい人にはとてもおすすめだ。

難点は、全19戸ということで、管理費が若干高くなるおそれがあることだ。ただ、それを上回っても、交通利便性と落ち着いた環境、両方気にする人にはおすすめの物件である。

【アクセス】東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」駅徒歩6分
【情報提供元】株式会社アーネストワン

サンクレイドル御苑内藤町の資料請求はこちら

13位 ペットと一緒に暮らす ライオンズ早稲田ミレス

東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩7分のライオンズ早稲田ミレスは、早稲田駅から徒歩7分の立地にある。交通利便性はとてもよい。

「ライオンズ早稲田ミレス」は、南向き中心、内廊下を採用した間取りプランとなっている。また、購入後もセントラル警備保障の24時間セキュリティシステムで安心であり、購入後の大京グループのサポート体制もしっかりしていて安心感がある物件である。なお、この物件はペットと一緒に生活することができる。もし、ペットと一緒の物件を探しているのならばおすすめしたい物件である。

【アクセス】東京メトロ東西線「早稲田」駅下車徒歩7分
【情報提供元】株式会社大京

ライオンズ早稲田ミレスの資料請求はこちら

14位 標高33mの淀橋台の上に住まう。開放感あふれるジオ新宿若松町

都営大江戸線若松河田駅から徒歩2分にあるジオ新宿若松町は、交通利便性がとてもよいエリアである。標高33メートルの淀橋台という台地エリアに存在し、南側前面建物との距離が最大45メートル確保されているので、開放感がある住空間となっている。また、若松河田町エリアは小泉八雲などの文士たちが好んで居住したエリアであり、今でも落ち着いた閑静な雰囲気があるエリアである。

「ジオ新宿若松町」は、他のジオシリーズと同じ仕様となっている。セキュリティもALSOKの24時間遠隔監視システムを採用しておりや防犯センサーなど申し分ないセキュリティだ。

【アクセス】都営大江戸線若松河田駅徒歩2分
【情報提供元】阪急不動産株式会社

ジオ新宿若松町の資料請求はこちら

15位 浄瑠璃坂に住む プラウド市谷砂土原町

※こちらの物件の掲載は終了しています。

プラウド市谷砂土原町は、「江戸の三大仇討ち」と言われる「浄瑠璃坂の仇討ち」の舞台となった市ヶ谷の浄瑠璃坂沿いにある。武蔵野台地の端の高台にあり、江戸時代からの武家屋敷界隈だったため、落ち着いた住環境のエリアである。もちろん、市ヶ谷駅より徒歩3分という好立地にあり、交通利便性はとてもよい。

全18戸という小規模なマンションでありながら、全戸オーダーメイド(有償)という贅沢な仕様となっている。すべてのオーダーに応えるという訳ではないが、自分なりのこだわりの住まいを持ちたい人にはおすすめできる物件である。

【アクセス】東京メトロ有楽町線「市ヶ谷」駅徒歩3分
【情報提供元】野村不動産株式会社

新宿区の新築マンション一覧はこちら

16位 約77%が南東向きのマンション!ラコント早稲田

※こちらの物件の掲載は終了しています。

ラコント早稲田は、東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩2分に所在するマンションである。山手線の内側で徒歩2分という立地は貴重であるが、その立地において、1LDK、2LDK中心の分譲となっている。

交通利便性もよいこのマンションであるが、なんといってもこのマンションは内廊下設計で、部屋の向きの住戸が77%もあるのだ。都心にありながら、日当たりのよいマンションを希望する人にはおすすめできる物件である。

【アクセス】東京メトロ東西線「早稲田」駅徒歩2分
【情報提供元】第一交通産業株式会社 東京支店

厳選された16物件をあげてみたが、新宿区の人気マンションの特徴は、(1)交通利便性が良い(2)駅から近い(3)山手線内側エリアが多い――の3点のようだ。新宿は、資産価値も落ちにくく、交通利便性も生活利便性もある、住むにはいいエリア。今回の厳選物件を参考にして、ぜひ自分にあったマンションを選んでほしい。

新宿区の新築マンション一覧はこちら

港・千代田・中央・新宿・渋谷・文京の6区の人気戸建てトップ16はこちら

近隣地域のマンションについてはこちら

資産価値が高い「渋谷区」の新築マンションランキングベスト14 千代田区の新築マンション購入人気ランキング トップ15 憧憬の地「港区」の新築マンション購入人気ランキング トップ19