最近、中国のネットニュースでは新三巨頭「TMD」という言葉をしばしば目にする。Tは頭条のT、Mは美団(美はMeiと発音)のM、Dは滴滴(滴はDiと発音)からとったものである。

この10年間IT界を主導したBAT(バイドゥ/百度、アリババ、テンセント)に変わって、次代を担うとすればこれらTMDだというストーリーである。

BATの凄さは、その巧みな投資提携戦略にあった。TMDはそれに匹敵する戦略を備えているのだろうか。経済サイト「界面」が特集した。3社の投資ビジョンを見ていこう。

(注)
中国では、天使輪融資、A輪融資、B輪融資、C輪融資と表現する。C輪という場合、3~4回の大型融資を受けた会社を意味し、企業の発展段階をも表す。D輪以降は上場が視野に入る。天使輪会社は、融資額300~600万元、企業価値1500~3000万元クラス、A輪会社は、融資額1000~3000万元、企業価値5000万~1億5000万元クラスなど。

T(今日頭条)……ニュースサイト運営

中国経済,ベンチャー企業,BAT,TMD
(画像=PIXTA ※画像はイメージです)

今日頭条の投資、買収案件は、2015年 7件、2016年 8件、2017年 12件と増加している。2017年を分析すると、自社事業と緊密に関連する分野に資金を投じている。文化娯楽産業への投資が12件中8件だった。年間の総投資額は80億元に近い。(1ドル=6.34元)(1元=16.88日本円)

・Musical.ly (上海) /10億ドル 買収
・News Republic(フランス) /8600万ドル 買収
・Flipagram (米国) /5000万ドル 買収
・Live.me (北京) /5000万ドル 買収
・Dailyhunt (インド) /1920万ドル 買収
・快看漫画 (北京) /2億5000万元 融資(C輪、共同)
・新智元  (北京) /数千万元 融資(Pre‐A輪 共同)
・科音短視頻(北京) /数百万元 融資(天使輪 単独)

2017年の投融資のほとんどを費やした「Musical.ly」は、世界最大のクリエイティブプラットフォームとして注目の存在。ミュージックビデオのような魅力的な動画を作り、世界中にシェアできる。欧米やインドにも手を広げ、世界の文化娯楽産業を視野に入れている。

M(美団点評)……生活サービス、共同購入

美団点評の2017年は、発展を遂げ、業績も順調だった。売上3600億元、収入は330億元に達したと見られる。米調査会社CB Insightsのランキングでは、全世界214社のユニコーン企業中、中国の会社が55社を占める。そして美団と滴滴出行は、その代表格である。

2017年、美団の投融資案件は8件であった。総額6億5000万元と、今日頭条の10分の1以下である。業種は企業サービス2社、ITビジネス2社、生活サービス2社、農業1社、金融1社であった。この幅広さは美団の特徴でもある。またほとんど天使輪、A輪融資で、初期のベンチャーに融資しているのが特徴だ。将来性に賭けているのだ。

企業サービス
・芯火互聯網(上海)数十万元 融資(天使輪 単独)
・掌上快肖 (広東)数百万元 融資(B輪 単独)
ITビジネス
・亜食聯  (遼寧)億元級 融資(A輪 単独)
・幸福西餅 (広東)億元級 融資(A輪 共同)
生活ビジネス
・康品雁  (上海)数千万元 融資(A輪 共同)
・大家来  (上海)億元級 融資(A輪 共同)
農業
・網易味央 (浙江)1.6億元 融資(A輪 共同)
金融
・水滴互助 (北京)1.6億元 融資(A輪 共同)

D(滴滴出行)……配車アプリ

2017年、滴滴の投融資案件は10件、286億元だった。今日頭条の3.5倍である。2015、16年は4件であり、案件数も2.5倍となっている。また案件の80%は、本業との関連性が高い自動車交通分野である。

・Grab Taxi(シンガポール) /25億ドル 融資(C輪 共同、ソフトバンクも)
・ofo小黄車(北京) /11.5億ドル 融資(D輪E輪 共同、アリババも)
・OmniBike(英国) /1600万ポンド 融資(A輪 共同)
・99Taxis(ブラジル) /不明 融資(C輪 単独)
・Taxify(イタリア) /不明 融資(A輪 単独)
・Careem(イスラエル)不明 融資(戦略投資、単独)
・人人車(北京) /2億ドル  融資(戦略投資 単独)

注目は、世界中に投資しUberと争っていること、シェアサイクル大手のofoにアリババとともに融資したことである。

TMDは各自の領域を強化

今日頭条は文化娯楽、滴滴出行は自動車交通、と自らの分野を強化することに重点を置いている。また世界市場をも見据えている。

美団は、国内で手広く事業を行っている上に、旅行、配車アプリなど新分野に進出した。投資は少なめで国内に特化し、それも生まれたばかりのベンチャー中心だ。

記事は、TMD自らの領域を強化中という段階で、BATのような“真の巨頭”には至っていない。しかし成長は当分続くだろう、と結んでいる。その通りであろう。いずれも元気の良さは申し分ない。新三巨頭「TMD」という言葉が定着する1年となりそうである。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)