ファーストリテイリング <9983> と大和ハウス工業 <1925> は14日、東京都江東区有明1丁目に共同で専用物流倉庫を建設すると発表した。また、2社の共同出資による物流事業会社を設立することも併せて発表している。

両社は「お客様の多様なニーズに対応できる多機能物流拠点」を構えることで、「新たな物流スキームの構築」を目指していくという。

東京都内に物流拠点を設けることで配達コストと時間の大幅な削減につながり、状況に応じて必要な商品を短時間で配達することができる。また、倉庫にバックルーム機能を備えることで商品をすぐに陳列できる状態とし、効率化を図って店頭欠品を減らしていく。

ファーストリテイリングは展開する『ユニクロ』において、ネットでの注文やリアルタイムでの発送に着手していく見込み。

なお、今後は主要地域ごとに同様の物流スキームを構築して、サービスの工場に努めていくとのこと。

【関連記事】
あなたの物件交渉は損をしている~物件購入における指値交渉の駆け引き~
消費税増税とインフレに備えて急げ! 不動産購入時の税金対策
あのマンチェスター・ユナイテッドの株主(オーナー)になれる方法教えます!!
なぜ世界のマネーはASEANに!?世界を驚かすASEAN株の潜在能力〜
日系企業の中国進出の成否はネーミング戦略で大きくわかれる!! ?