Tasting Panel Meets To Judge Local Wines

(写真=Thinkstock/Getty Images)

2月13日、アサヒグループホールディングス <2502> の 100%子会社であるアサヒビールは、ワイン販売大手エノテカを買収することを発表した。ユニゾン・キャピタル等が保有する全株式を取得する株式譲渡契約をユニゾン・キャピタル等と締結した。買収金額は公表されていない。

エノテカは、1988 年に創業、数多くの有力ワイナリーのワインについて国内における独占販売を行っており、国内ワイン市場における高い認知度とブランド力を保有している。2011年にMBOにより非上場とした。2014年3月期の売上高は173億円。

アサヒビールは、ワインが家庭の食卓や外食シーンにて日常的に消費される酒類として定着し、国内消費量が増加傾向にあることをうけ、ワイン事業に注力、輸入ワインのラインアップの拡充や「サントネージュ」等の国産ワイン製造の取り組みを行っている。同社におけるワイン事業の売上規模は2014年12月期で144億円だ。両社を合わせれば売上は300億円を超え、グループとしてのワイン事業の売上規模およびワイン市場における存在感が大幅に高まる。

今後、アサヒグループが保有するワインブランドや高級洋酒などを、エノテカ社で販売する可能性も検討していく。

(ZUU online)

【関連記事】
米国と国内REITを比較 投資家がJ-REITを選ぶ理由
「Liv−ex指数」から見た2015年高級ワイン市場
日経新聞や日経各紙(産業・MJ)まで全て利用可?ネット証券は『情報の宝庫』
2015年3月末の“長く持つほど得をする”株主優待銘柄6選!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法