200361927-001
(写真=Thinkstock/Getty Images)

3月11日、ブラザー工業 <6448> は、英国の産業用印刷大手のドミノ社と、ドミノ社の発行済み及び発行予定普通株式のすべてを現金にて取得し、完全子会社化する手続きを開始することに合意したことを発表した。この買収は友好的に成立しており、ドミノ社の取締役会は本件につき、全会一致で賛同している。

買収価格はドミノ社の普通株式 1 株あたり915ペンスを予定。株式取得総額は約10.3億ポンド、日本円にして約1,890億円を想定している。

ドミノ社はペットボトルや食品の包装に賞味期限やロット番号などを印字するコーディング・マーキングと呼ばれる分野、および、ラベルなどの商品パッケージへのデジタル印刷の分野で世界的に事業を展開しており、またかねてより事業基盤の拡張を目指していたブラザー工業は、産業用プリンティングの領域を有望な事業分野であると位置づけており、投資機会を慎重に探ってきていた。

(ZUU online)

【関連記事】
「今までで最もパーソナルな端末」アップル・ウォッチ公式発表。課題はアプリの充実か
今世紀最高値を更新の日経平均株価 2万円超えなるか?
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
個人よりも法人による資産管理?「相続対策」と「節税」…不動産投資は「長期的視点」で運営する
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株をa上場前に買う2つの方法