ThinkstockPhotos-178553556

(写真=Thinkstock/Getty Images)

伊藤忠商事 <8001> は4月1日、米子会社を通じて出資している石油ガス開発会社が14年12月決算を発表したことを受けて、連結決算で約380億円の取込損失を計上すると発表した。

減損が発生するのは米国の100%子会社を通じ約出資するサムソン・リソーシーズ(議決権比率24.6%)。伊藤忠は持ち分法損益で損失を計上した。

伊藤忠商事は、2014年11月5日に公表している通期連結業績見通し(同社株主に帰属する当期純利益3千億円)に与える影響はないとしている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
JPXと大和総研がミャンマー経済銀行と証券市場創設の合弁会社を設立
タイの大手と提携し、伊藤忠とフジが現地での通販事業などを拡大
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
窮地に陥った「すき家」一転して黒字化を達成できた理由
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法