カゴメ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

カゴメ <2811> は4月15日、アメリカの食品会社「プリファード・ブランズ・インターナショナル(PBI)」を買収して連結子会社にする、と発表した。5月に発行済み株式の70%を96億円で買収する。PBI社が持つ高いマーケティング力とアメリカでの販売網を活用し、アメリカでの消費者向け食品事業へ参入して海外事業の拡大を狙う。

カゴメの発表資料によると、PBI社はアメリカの家庭用エスニック簡便食品分野で61%というトップのシェアを有しているという。また、インドで外食チェーン向けに業務用の冷凍野菜パイ、パスタソース、トマトケチャップなどを販売している。

カゴメはアメリカやポルトガル、オーストラリアを中心に外食チェーン向けに業務用トマト加工品の生産・販売事業を強化しており、2013年には合弁会社ルチ・カゴメ社を設立し、インドでの業務用事業にも着手している。

カゴメは発表資料で「世界的外食チェーン向けの業務用ビジネスの拡大を目指す当社にとって、PBI社の優れた生産設備や高度な研究開発技術は、既存事業の商品ポートフォリオの最適化、販売連携成長戦略の強化等、大きな相乗効果をもたらします」としている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
プラレールの「青」など、色や音の新商標出願は515件に 特許庁
2015年フォーブス 世界大富豪ランキング「女性」トップ10の傾向は?
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
注目の水素ステーション&燃料電池関連銘柄10選!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法