三井物産
(写真=Thinkstock/Getty Images)

三井物産 <8031> は5月8日、2015年3月期の決算を発表した。純利益は前年同期比12.5%減の3064億円だった。化学品、機械・インフラは好調だったが、鉄鉱石価格の下落などで金属資源などが落ち込んだ。

売上高は2.9%減の10兆8278億円、税引き前利益は21.6%減の4318億円となった。

機械・インフラでは物流インフラ事業やブラジルのガス配給事業が堅調に推移し、前年より増益となったが、金属資源・エネルギー分野で為替効果もあったものの鉄鉱石価格の下落が原因となり、減益が大きかった。

2016年3月期の連結純利益は前期比22%減の2400億円になる見通しとした。金属資源・エネルギーの分野で、鉄鉱石や原油価格の下落により収益が落ち込む見通しという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
キーエンス、景気の回復基調を背景に過去最高決算
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
今年はゆうちょやLINEの株も購入可能?直近2年で勝率82%以上の「IPO株」とは
出光興産15年3月期決算、原油安と円安のダブルパンチで大幅赤字
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?