海上油田・国際石油開発帝石
(写真=Thinkstock/Getty Images)

国内石油開発大手の国際石油開発帝石(INPEX) <1605> は5月11日、オーストラリア西側の沿岸で開発している海上油田で新たに、原油生産を開始したことを明らかにした。

発表によれば、今回、生産を開始したのは豪州西側の海上に位置するコニストン油田で、5月10日から同油田での原油生産が開始されている。同油田では2011年から開発されていた経緯があり、INPEXの子会社であるアルファ石油と、オペレーターの役割を担う米国のアパッチ社が共同で生産を行う。

INPEXは同油田での原油生産については、日量1万8000バレルを見込んでおり、同鉱区では約53%の権益を保有。残りの約47%を保有しているのがアパッチ社だ。

発表によれば、同社は今回原油生産を開始したるコニストン油田のほかにも、ヴァンゴッホ油田に権益を保有しているとのことだ。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
三菱商事の14年度決算、シェールガス・北海油田等の減損処理も前年比11%の増益を確保
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報など全て閲覧可!?ネット証券は『情報の宝庫』
オリンパスが最終損益で赤字転落、特別損失計上で
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?