特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 専門家たちの金言 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
ニュース
Written by ZUU online編集部 5,212記事

みずほFGが決算を公表し、6119億円の純利益で着地

Mizuho Bank Ltd. Branches As Mizuho Financial Group Inc. Reports Third-Quarter Earnings
(写真=Getty Images)

 みずほフィナンシャルグループ(FG) <8411> は5月15日、2015年3月期の決算を発表し、経常利益で2.3%の微増となる結果を明らかにした。

 発表によれば、同社の経常収益は3兆1802億2500万円となり、前年同期比で8.6%の増となった。一方、経常利益は1兆108億6700万円となり、当期純利益は6119億3500万円となり、前年比で11.1%の減少という結果になった。

 事業別では、みずほ銀行とみずほ信託銀行を合算した場合の業務粗利益は、1兆6297億円となった。みずほFGは「顧客部門は、国内・海外ともに好調であった非金利収支の伸びを主因に、613億円の増加。市場部門等は615億円の増加となった」と報告した。

 また、同FGは経費について粗利益増強のための戦略経費の投入や消費税増税、円安等の増加要因により、前年度比440億円増加し、9083 億円となったと解説した。

 加えて、みずほ証券連結ベースの純営業収益は、前年度比723億円増加し、3955億円となった。同社の純利益は前年を約1割下回ることになったものの、年度計画である5500億円に対しては、約111%の達成率に終わった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
液晶に再起をかけるシャープの勝算は?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報など全て閲覧可!?ネット証券は『情報の宝庫』
「ふるさと納税」、自分の年収だといくらまで寄付すればいいのか知っていますか?
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法

みずほFGが決算を公表し、6119億円の純利益で着地
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV シャープの経営再建案に失望してか、株価は続落
NEXT 日本郵政が「ゆうパック」の価格を値上げ