企業向けサービス指数ThinkstockPhotos-522625663 (写真=Thinkstock/Getty Images)

日本銀行は5月26日、2015年4月の企業向けサービス価格指数(速報)を公表した。総平均は前年比で0.7%上昇した。昨年4月の消費増税の影響を除くと、前年比0.5%の上昇で、同年3月(同0.4%)に比べて伸びが拡大した。

企業向けサービス価格指数は、広告や通信、運輸など企業間で取引するサービス価格の変動を示す。

品目別では、消費税率の影響を除いた数値で、新聞広告で前年比5.9%上昇、テレビ広告が前年比2.2%上昇となるなど、前月は下落だった広告がプラスに寄与した。宿泊サービスも9.0%上昇幅を拡大させた。

一方、高速自動車道など有料道路は前年比でマイナスとなった。金融手数料やリースもプラス幅が縮小した。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
「ブラック企業」社名公表開始で喜ぶ企業とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
北陸新幹線が「金沢」の不動産市場に及ぼした影響とは?
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法