バター
(写真=Thinkstock/Getty Images)

農林水産省は5月27日、本年度もバターの供給が品薄になるとの見通しを受けて、10月末までに追加で1万トンを輸入する、と発表した。

酪農・乳業の業界団体「Jミルク」が25日に、2015年度のバター需給について発表。国内生産量は昨年度に比べて増える見通しとしたものの、需要も増加するため、計7100トン不足する恐れがあるとした。

農水省は今年度、すでに2800トンのバターを輸入することを決めているが、ケーキの需要が集中する年末期に安定的な供給を目指すとともに、夏の気象状況などで生産が減少する可能性を考慮し、追加輸入を決めた。農水省は発表資料で、「今後とも乳製品の需給や価格の動向などを注視し、乳製品の安定供給に努めていく」としている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
JTタバコ事業強化へ なぜ人気商品「桃の天然水」から撤退したのか?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
野村総研と日本生命が資本業務提携、IT戦略強化へ
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法