ヤフーアリババ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ソフトバンク <9984> グループのEコマース大手のヤフー <4689> は5月29日、中国のEコマース大手であるアリババグループと連携し、Eコマース支援サービスの提供を開始すると発表した。

発表によれば、中国からは、旧正月の休暇である「春節」にも買い物を目的として多数の中国人が来日。訪日外国人の「爆買い」などとして注目を集めた経緯がある。

ヤフーとアリババは、中国向けECサービスの開始を支援する。具体的には、アリババ運営の中国向けECサイトECモール「天猫」「天猫国際」への出店において、料金およびトラフィック(誘導)面での特別な優遇プログラムを、両社で提供する。

ヤフーは「日本企業の中国市場進出を好条件で力強くサポートしていく予定」だとしている。さらに同社は、この動きが今後も加速すると予測しており、国境をまたいだインターネット通販「越境EC」でも、中国からの日本製品の購入を想定するなど、大きな成長を期待している。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
東京ディズニーランド、12月にゲームが楽しめる新ショップをオープン
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
KADOKAWA・DWANGO、商号を「カドカワ」へ変更
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法