apple_wwdc_2015 (写真=Thinkstock/Getty Images)

iPhone、アップルウォッチ、Mac OS など次々とデジタル機器をヒットさせてきた米IT大手のアップル。毎年恒例となっている、同社の新製品を発表するWWDCが日本時間9日午前2時の開催と、目前に迫っている。これまで、市場で圧倒的な注目を集める新製品やメジャーアップデートを発表しているだけに、日本からは深夜の開催となるが、目が離せそうにない。

今回のWWDCの目玉とみられているのが、アップルの定額制の音楽ストリーミングサービス「Apple Music」。WWCの開催を目前にして、こちらも恒例と化した発表内容の予測合戦でも、最も注目されているものの一つだ。

とりわけ同社は、昨年に、音楽ストリーミングを行っていた米企業・ビーツを買収した経緯があり、同買収で得た技術やリソースを使って、アップルが新たな定額制の音楽ストリーミングサービスの提供を開始するのではないかとの見方が広がっている。

ネットでの音楽販売については、ダウンロードでの販売が落ち込んでいたものの、ストリーミングが急成長。前年比45%増という大きな成長率を見せてきた。アップルはこうした動きをうけ、スマホのもう一つの主なOS「Android」でも同サービスを使えるよう調整しているとのことだ。

ほかにも、今回のWWDCでアップルは、家電やIoT機器を制御する HomeKit/Home アプリなどの発表もあるのではないかとみられており、どのような発表が行われるのか、期待が高まっている。 (ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界「ブランド価値」ランキングTOP100 日本から選ばれた5社とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
リノベ不動産、楽天銀行と提携
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法