日立
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日立製作所 <6501> は6月11日、「2015中期経営計画」の目標達成に向けたコスト構造改革と7事業の成長戦略を公表した。

コスト構造改革では、2015年度の削減効果額見通しを4200億円とした。当初目標は4000億円だった。売上原価や販売費、一般管理費の低減などで14年度実績の3200億円を上回るコスト削減を目指す。

7事業の成長戦略は「情報・通信システム」「電力システム・エネルギーソリューション」「インフラシステム」「鉄道システム」「都市開発システム」「オートモティブシステム」「ヘルスケア」について、それぞれの見通しを公表した。

「情報・通信システム」事業では2015年度の見通しとして、国際会計基準で、売り上げ収益目標を2兆1000億円、営業利益率を7.5%とした。14年度実績は2兆340億円。ビッグデータの活用やIOTを中心にした事業拡大などを図る。

また、2018年度目標について、「インフラシステム」事業では売り上げ収益目標を1兆円(14年度7908億円)、営業利益率を8%(同3.7%)とした。「オートモティブシステム」事業の売り上げ収益目標は1兆2000億円(同9369億円)、営業利益率は7.3%(同5.1%)とした。

「電力システム・エネルギーソリューション」事業では2020年度目標として、売り上げ収益を8000億円(同4667億円)、営業利益率を15%(同0.8%)とした。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
金融庁、韓国の2銀行東京支店に行政処分
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
国際石開帝石が世界最大規模の地熱発電事業に参画、インドネシアで
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法