油田
(写真=Thinkstock/Getty Images)

国際石油開発帝石 <1605> は22日、新潟県五泉市の南桑山油田で厚さ計約24メートルの新規油層を発見したと発表した。

同社では4月から杭井の掘削を進めてきたが、深さ3900メートル付近で新規油層を発見。地層内の密度などを計測した結果、生産が期待される厚さ約24メートルの新規油層と確認された。

今回発見した新規油層から生産を行うため、2016年度に追加の掘削作業を実施する予定。追加掘削が成功すれば、同油田の原油生産量は現在の日量300~380バレルから約3倍に増加することが期待される。

同油田は2004年の試験生産開始以来、これまでに約16万キロリットル(約100万バレル)の原油を生産している。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ハイブリッド「インプレッサ」を発売、スバル
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
Apple Watch で預金残高の確認可能に、みずほ銀・NRIのアプリで
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る