Apple Watch Goes On Sale At Handful Of Boutiques Around The World
(写真=Getty Images)

みずほフィナンシャルグループ <8411> の子会社でもあるみずほ銀行に口座を持っている人々にとっては、朗報かもしれない。iPhone など人気のデジタル機器を発表してきた米IT大手であるアップルが発売したウェアラブル端末・Apple Watch で、預金残高を確認したり、家賃の振込みをしたりすることができるようになる。

みずほ銀行と野村総合研究所 <4307> が6月19日に公表し、明らかになった。

発表によれば、Apple Watch での預金残高確認などは、「みずほダイレクトアプリ」を通じて行うもので、みずほ銀行とNRI、マネースマートの3社が共同で同アプリを開発。アイコンをタップして、残高照会などに加えて、事前に登録した振込や振替を知らせる機能も実現している。

みずほ銀行はかねてより、スマートフォン向けに「みずほダイレクトアプリ」を展開してきており、同社は今回、実際にユーザーの目に触れることになるユーザインターフェース(UI)や、使い勝手や利便性にかかわるユーザエクスペリエンス(UX)についての知見を持つマネースマートとも連携。アプリを開発、サービス開始までこぎつけた。

みずほ銀行は、「各社が持つ知見を最大限に生かし、次世代チャネルを活用した新しい金融サービスの検討、顧客に支持されるサービス実現に今後も協力して取り組んでいく」としている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
フェノックスVCのCEOが指摘する技術開発に必要なこととは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
「ウォーカーREBORN!」でデジタル化・海外展開を加速、KADOKAWA
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る