衣料品
(写真=Thinkstock/Getty Images)

オンワードホールディングス <8016> とラオックス <8202> は6月22日、衣料品や生活文化製品などの企画、生産、販売を手がける合弁会社を設立することで基本合意したと発表した。9月1日の設立を予定している。

新会社は、日本の優れた「ものづくり」技術や生活文化を反映した製品を開発し、アジア諸国をはじめとした海外の消費者に提供する。オンワードが持つ企画生産基盤を生かした商品開発を展開後、それをラオックスの持つ海外向けECサイトや日本国内の免税店舗で販売する。

資本金は4億円。出資比率はオンワードが51%、ラオックスが49%。新会社の社名、代表者は未定。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ハイブリッド「インプレッサ」を発売、スバル
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
Apple Watch で預金残高の確認可能に、みずほ銀・NRIのアプリで
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る