モスファーム信州
(写真=Thinkstock/Getty Images)

モスバーガーを展開するモスフードサービス<8153>は1日、モスバーガー店舗で使用する生鮮野菜の安定した調達と産地との協力体制強化を目指し、4月10日に農業生産法人・株式会社モスファーム信州を設立したと発表した。5月より、本格的な作付けを開始している。

モスファーム信州は、総作付面積は約 3.1ha(約9,300坪)。小諸農場は標高700~1,300m地帯に位置し、夏の冷涼な気候を活かして5月~11月の生産拠点とし、初年度は、レタス約218t(年間収穫総量)を生産する計画。

モスフードサービスとベジアーツとの共同出資会社で、資本金は3,005万円。モスフードサービスは新会社に対し 2,000万円を出資し、66.6%の株式を保有する株主である。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
マクドナルドの「母親目線」は正しいのか
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
ギリシャへの金融支援失効、IMF「債務返済されず」
NTTの上場を超えるか?ゆうちょ銀行、かんぽ生命、日本郵政の上場に迫る