ThinkstockPhotos-479142152 (写真=Thinkstock/Getty Images)

7月1日、ギリシャ債務問題の影響を受けていたユーロ相場が急伸する展開になった。ギリシャのチプラス首相から、債権団側の親書で、救済条件を受け入れると英紙フィナンシャル・タイムズが報道したことをきっかけに、市場が反応した様子だ。

欧州市場では1日、ユーロは続落で始まり、1ユーロ=1.1120~30ドルなどとなっていた。その後、FTの報道を受けて、ユーロは1ユーロ=1.1172まで一時上昇している。

ギリシャ政府は6月30日が期限だったIMFへの返済を実施できず、IMFがギリシャへの支援を全面的に停止していた。同国債務問題に新たな展開につながる可能性もありそうだ。

ただ、ギリシアでは7月5日に、緊縮財政政策の是非を問う国民投票が予定されていた経緯もあり、今後の展開にも影響してきそうだ。

【関連記事】
マクドナルドの「母親目線」は正しいのか
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
ギリシャへの金融支援失効、IMF「債務返済されず」
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る