IT取引
(写真=Thinkstock/Getty Images)

IT分野の市場調査を行う IDC Japan は7月2日、国内IT市場の産業分野別の企業規模別の2015年~2019年の市場規模予測を発表した。2014年には成長したものの、今年は微減となる見通しだ。

発表によれば、2014年には、多くの産業でIT支出が伸びたことから、国内IT市場全体で、前年比2.4%の成長を記録。他方、2015年の国内IT市場規模は14兆6435億円になるとIDCは予測。2014年比で、マイナス0.5%減となる見通しが同社から示された。

同社は微減と予測について、従業員1000人以上の大企業ではプラス成長を維持するだろうとした。銀行での大型案件や、円安の影響で業績が好調な製造業でのシステム案件による後押しを根拠に、同社予測では0.4%のプラス成長となる。

他方で、中堅、中小規模ではいずれもマイナス成長に陥ると同社。100人未満の規模ではマイナス2%、100~499人の規模でマイナス0.7%との予測だ。さらに、500~999人の規模でも、同マイナス0.1%となる見通しだ。

また、IDC では、中長期的には、いずれの規模でもIT支出が堅調に推移すると見込んでいるとのことだ。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
三菱商事、コロンビア小規模農家支援でコーヒー豆を日本向け販売
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
マクドナルドの「母親目線」は正しいのか
NTTの上場を超えるか?ゆうちょ銀行、かんぽ生命、日本郵政の上場に迫る