業務提携
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ヤフー <4689> とソニー <6758> のグループ会社ソニー不動産は7日、業務提携契約を2日に結んだと発表した。国内の中古住宅流通市場とリフォーム・リノベーション市場の活性化を図る。

業務提携による最初の取り組みが、新しい不動産売買プラットフォームの開発。不動産所有者が主体となって自身のマンションを自由に売り出すことができるようにする。「自分のマンションを、自分が決めた価格で、自分で売り出す」ことができるようになるため、不動産売却方法の選択肢が広がる。2015年中に公開予定。

今回の業務提携に伴い、ヤフーとソニーはソニー不動産の第三者割当増資を引き受け、ヤフーは18億円を出資、ソニーは10億円を追加出資する。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
タカラトミー、スポーツトイ「ステッピー」発売、縄跳びにダンス要素
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
セブン銀行、米国のセブンイレブンにATM設置
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る