日経平均
(写真=Thinkstock/Getty Images)

7月8日午後の東京株式市場は、日経平均株価が前日比404円安の1万9972円04銭で寄り付いた。取引時間中に2万円を下回るのは6月18日以来、ほぼ3週間ぶり。

この日の日経平均は、ギリシャ不安や中国株価の下落で投資家心理が悪化し、午前から売りが広がった。後場寄り付き前に日経平均先物9月物が2万円を下回ったことも影響した。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
みずほ銀行、サンフランシスコ出張所開設の認可取得
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
イオンがJリーグとトップパートナー契約、店舗でサッカーイベント開催
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る