植物油
(写真= Thinkstock/Getty Images)

伊藤忠商事 <8001> は7月9日、ヨーロッパを中心に植物油の製造、販売事業を展開するフランスの「Provence Huiles(PH)社」に資本参加し、同事業に参画すると発表した。同社株主のMVD社と合意した。伊藤忠商事はMVD社から株式を譲受し、2015年中にPH社を子会社にする予定。

MVD社は植物油の製造販売に加え、物流・保管業を展開している。植物油の製造販売事業にでは、高オレイン酸ひまわり油、グレープシード油など付加価値の高い植物油を主に取り扱っており、欧州や南米を中心に製造、販売を展開している。

これらは近年、健康志向の高まりを背景に需要が拡大しており、今後は伊藤忠商事が持つ北米やアジアでの販売力を活用し、事業の拡大を図る。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
中国の株価急落をどう見るか?
日本人大富 豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・ 四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
ホンダが163万台追加リコール、タカタ問題で
NTTを超え る数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る