米ドル

(写真=Thinkstock/Getty Images)

米ゴールドマン・サックスは「2016年経済予想レポート」に続き、顧客に推奨する「2016年のトップ・トレード」を発表した。先の経済予想レポートでは、労働市場の改善と内需の底堅さによるドルのさらなる強まりを強調し、ユーロや円に対して優勢な状態が継続すると予想、賃金と物価が上昇するにつれ、インフレ上昇の速度もあがるという見方を示していた。その上で、「利上げによって米大手銀行は利益を得るであろう」とし、欧州では緩和拡大の影響で「イタリアとドイツの格差が縮小される」と分析している。

混乱の続く新興市場 南アとチリへ輸出の産業用金属は下落へ

新興市場に関しては、2016年も圧力にさらされると予想。しかし自国での事業に専念している企業と比較して、発展国との取引きに前向きな企業の株価は上昇しやすいと見ており、メキシコ・ペソとロシア・ルーブルの買いを推奨している。

「経済予想レポート」では予想通り12月に利上げが実施されることで、米10年国債利回りが3%上昇するが、「債権利回りの急上昇」「中国のデバリュエーション」「特に原油を始めとする商品価格の低迷」が最も注意すべきリスクとしてあげている。

また原油価格は持ちこたえるが、特に南アフリカとチリに輸出されている産業用金属の価格は下降しつづけると警告している。 (ZUU online 編集部)

【関連記事】

インド経済は中国を凌ぐ!?急成長経済を牽引するインド株の魅力とは?

・「世界MBAランキング」国内1位 東大や京大、慶應ではなく新潟のあの大学

・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!

・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは

・世界が認めた日本車!「最も価値の高い自動車ブランド ベスト10」頂点に輝いたのはあの日本ブランド?