30代,証券会社,ネット証券
(写真=PIXTA)

新卒で入社した会社で働き10年が過ぎ、30代を迎えて数年が経った。仕事でいくつかの実績を残し、経済的にもゆとりが出てきた頃だ。この記事を読んでいる「あなた」は少し先の将来を見据えて、余裕のある資金で株式投資を始めてみようか、と考えているところかもしれない。

試 しにネットで証券会社を検索してみると、沢山の「比較サイト」の存在に驚いてしまうだろう。それら「比較サイト」を覗いてみると、似たり寄ったりのネット 証券の広告が次々と出てくる。そこであなたは、比較ランキングの上位に「手数料の安さ」を売りにしたネット証券が並んでいることに気づくことだろう。

なんのために投資を始めるのか?

手数料の安さは確かに魅力だ。しかし、それだけでネット証券を選んで、いいものなのだろうか?

そ もそも、あなたは何のために株式投資を始めたいのだろうか。お金を増やすため? では、何のためにお金を増やすのか?将来のパートナーとの結婚資金。或いは急な事故や病気、家族の介護に備えるため?きっと様々な理由があるはずだ。手数 料の安さに目を奪われる前に、何のために株式投資を始めたいのか、それを自分に問いかけることから始めたい。

まずは株式投資の目的を明確にすること。順風満帆に30代を迎えたあなたであれば、少し先の充実した日々を過ごす自分の姿をイメージできるはず。その目的を果たすためにはどれくらいの額が必要になるのか。そのうえで投資金額を決めたい。

ま た、投資スタンスも重要だ。具体的には短期の値上がりを狙うトレードなのか、数年先の値上がりを求めて運用する長期投資か。または将来の成長性を期待して 配当利回りを重視する投資なのか。これらは同じ投資でも別物といえるので、あらかじめ自分の投資スタンスを決めておくことが大切だ。

手数料が安ければよい、というものではない

株式投資を始めるにあたり、会社を辞めてデイトレーダーになろうとしているのであれば、手数料が安くて、素早い発注ができるネット証券に口座を開設するのも、一つの選択といえるだろう。

し かし、あなたが先に示したような結婚、家族の介護といったライフイベントのための投資を考えているのであれば、短期間で素早く発注を繰り返すことができる ネット証券のメリットは、それほど重要ではない。むしろ、長期運用を考えるのであれば、たとえば投資信託や海外ETF(上場投資信託)などの品揃えが豊富 な証券会社を選択する方が、あなたにとっては賢い選択になるのかもしれない。

あるいはIPOの当選確率を上げることができるという理由で、 対面証券に口座を開くという選択もあるだろう。いずれにしても、ここで大切なのは、株式投資の目的が明確にあり、中期から長期の投資スタンスを考えている のであれば、手数料の安さよりも、商品の品揃えの豊富さやサービスが充実している証券会社を選ぶ方が、長い目で見た時のメリットが大きいということであ る。

投資にもファッションと同じような「こだわり」を持ちたい

ビジネスの現場でここぞという時に着用するスーツや、勝負ネクタイ。それらのファッションの「こだわり」が、あなたを自分らしく見せてくれて、相手からの印象が増すということが往々にしてある。

プ ライベートでもお気に入りのブーツや、長年にわたり愛用しているデニムなどがあることだろう。これらのファッションアイテムは、あなたのライフスタイルの 「こだわり」を少なからず反映するもので、だからこそ長年にわたり愛用できる。株式投資も同じでライフスタイルに合わせた「こだわり」を持つことが大切 だ。

投資は、それ自体が目的なのではなくて、あくまでもあなたのライフスタイルを充実させるための手段にすぎない。そのように考えると、あ なたのライフスタイルに合う投資のあり方が自ずと見えてくるだろう。手数料の安さだけをウリにした比較サイトに惑わされないように注意したいものだ。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)

【あわせて読みたい 「株投資」記事】
ネット証券ランキング|株初心者はどこで口座開設してる | ZUU online
株式投資家必見の「ブログ10選」情報収集に心強い味方に! | ZUU online
「証券会社と運用会社の違い」を知っていますか? | ZUU online
IPO向け証券会社はどこ?各証券会社を比較 | ZUU online
ビジネスパーソン必読 17年上半期ランキング「ビジネス・経済」で売れた20冊 | ZUU online