(写真=Thinkstock/Getty Images)
(写真=Thinkstock/Getty Images)

内閣府は1月12日、2015年12月の景気ウオッチャー調査(街角景気)を発表した。街角の景気実感を示す現状判断DIは前月比2.6ポイント上昇の48.7となり、2カ月ぶりに改善した。好況の目安となる50を5カ月連続で下回った。

景気の現状判断DIのうち、家計動向は小売り関連や飲食関連、サービス、住宅関連の4項目すべてで改善した。企業動向は非製造業で改善したが、製造業は低下した。雇用関連の指数も改善した。季節調整値でみると、現状判断DIは前月0.4ポイント上昇の50.5となった。

2~3カ月後を占う先行き判断指数は48.2で、前月から横ばいだった。企業動向と雇用関連は上昇したが、家計動向は低下した。横ばいを示す50を下回るのは5カ月連続。季節調整値では、先行き判断DIは前月比0.3ポイント低下の51.1となった。

内閣府は基調判断を「中国経済に関わる動向の影響などがみられるが、緩やかな回復基調が続いている」に据え置いた。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)